こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2007年09月27日 11:00

更新: 2007年09月27日 14:25

ソース: 『bounce』 291号(2007/9/25)

文/Masso 187um


  テラー・スクワッドの……なんて冠もいまや無用か。錚々たるメンツが参加した昨年のファースト・アルバム『Listennn... The Album』に続き、2007年の上半期を代表する曲のひとつ“We Takin Over”にT.I.、エイコン、リル・ウェイン、リック・ロス、ベイビー、ファット・ジョー(リミックスを含めればヤング・ジーズィやR・ケリーらの名も挙げられる)とホットなMCたちを集結させたのが、このDJカレドだ。実際にプロデュースを手掛けたのはデンジャであり、以前からカレド自身のプロデュース楽曲自体は多くないのだが、圧倒的な人脈や求心力(政治力)と、シーンのトレンドを読み、作り上げていくスキルはバツグンなわけで、そのセンスは生粋のDJ気質だと言い換えることもできるだろう。強気なのか殊勝なのかワカラン題目のセカンド・アルバム『We The Best』からは、“We Takin Over”以外にも“Brown Paper Bag”“I'm So Hood”と次々ヒットをトバしている。

インタビュー