こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2007年09月27日 11:00

更新: 2007年09月27日 14:25

ソース: 『bounce』 291号(2007/9/25)

文/出嶌 孝次


  よく考えると、ロックスのプロデュースでシーンに登場してちょうど10年が経過したスウィズ・ビーツ。機材音源だけで作る過激なプロダクションが賛否両論を集めながらも大ヒット攻勢を開始して9年、〈アイツも終わったな〉とか言われるようになって5年、独創的なサンプリング使いで最前線にカムバックしてから3年、そして……少し前からロック系ファッションを貫いている現在のスウィズは、本気でマイクを握って大暴れ中だ! 確かに昨年のバスタ・ライムズ“New York Shit”あたりから、最近のR・ケリー“The Champ”などに至るまで、ビート制作ではなくラップでの助演も増えていた彼だけに、その路線をゴリゴリ押し進めた新作『One Man Band Man』は、ズルズルながらも独特な覇気のあるラップが最高にフレッシュな仕上がり。昔の彼とは違う意味でのパーティー・ロッカーぶりに撃たれろ!!

インタビュー