こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2007年09月27日 11:00

更新: 2007年09月27日 14:25

ソース: 『bounce』 291号(2007/9/25)

文/出嶌 孝次


  ソロMCとしての支持を着実に築き上げてきたタリブ・クウェリだが、4年ぶりに登場したオリジナル・アルバム『Eardrum』の出来がいつにも増して素晴らしい。その間にはオフィシャル・ミックステープ扱いの佳作『Right About Now』やマッドリブとのタッグ盤もあったのだが、今作の充実度はそれどころじゃない。まず目立つのはUGK、ジャスティン・ティンバーレイク、シズラ、KRS・ワン、ノラ・ジョーンズといった客演陣の振り幅の広さで、ゲスト大盛り作品が減少しつつある昨今のヒップホップ作品において、逆にここまで参加者が多い作品というのも強気だ。が、そうした顔ぶれを違和感なく共存させることのできる、クウェリの器には感服させられるし、雄弁なスクラッチを従えた“NY Weather Report”のようなソロ・トラックの格好良さで唸らせてくれるのは流石。ヒップホップ・ミュージックの素晴らしさは、単純に素晴らしいヒップホップ・ミュージックを用意するだけで証明できるってことだ!

インタビュー