こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

MORE OF WEATHER REPORT まだまだあるけど……CDでチェックできるアンディの厳選ワークス! その2

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2007年09月20日 09:00

更新: 2007年09月20日 16:45

ソース: 『bounce』 290号(2007/8/25)

文/青木 正之、石田 靖博、出嶌 孝次、ビグフォン

7. LALI PUNA 『I Thought I Was Over That : Rare, Remixed And B-Sides』 Morr 
センティメンタルなメロと物憂げな女性ヴォーカルの入った原曲を活かしつつ、ブチブチいうノイズやトリッピーな音を飛び交わせて“Nin-Com-Pop”をリミックス。IDM寄りの雰囲気に仕上げている。
(青木)

8. PRIMAL SCREAM 『Evil Heat』 Columbia UK(2002)
彼らと番長の合体といえば本作もお忘れなく! ケヴィン・シールズやジャグズ・クーナーも登場する同窓会っぽいムードのなか、TLSは4曲を制作。クラフトワーク風の“Autobahn 66”はシングル・ヒットを記録しました。
(出嶌)

9. THROBBING GRISTLE 『Mutant Throbbing Gristle』 Mute 
過激な思想とインダストリアル・サウンドで世に衝撃を与えた変態集団の“United”をリミックス! セイバーズ時代にカヴァーしたこともあるお気に入り曲だけに、嗜好を反映したニューウェイヴ風の4つ打ちトラックが良い!
(青木)

10. DEATH IN VEGAS 『Milk It - The Best Of Death In Vegas』 Sony BMG UK  
番長と共にミックスCDも出したリチャード・フィアレスのユニットで、この2枚組ベストにはTLSのリミックスを2曲収録。一歩先を行く姿勢は合致するため、TLS節のディープなエレクトロとの相性も抜群!
(青木)

11. 『Famous When Dead IV』 Playhouse(2004)
“Bunker”をリミックスしてもらったお返しにTLSが手掛けたのは、いまを時めくウィラロボスの“Dexter”。ミニマル・トラックに生音を導入して情熱的なロック・テイストへと激変させる手捌きはお見事! 手軽に聴くならこのCDを。
(青木)

12. 『Peppered With Spastic Magic』 Rotters Golf Club 
TLS名義でのリミックス仕事を集めた便利な編集盤。スターセイラー“Good Souls”やオルター・イーゴ“Mescal”のほか、テキサスやキャレキシコ、ステレオMC'sなどバラバラな顔ぶれの楽曲をバラバラに再構築しています。
(出嶌)

インタビュー