こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

DISCOGRAPHIC ANDREW WEATHERALL

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2007年09月20日 09:00

更新: 2007年09月20日 16:45

ソース: 『bounce』 290号(2007/8/25)

文/青木 正之

アンドリュー・ウェザーオールを知るための8枚


THE SABRES OF PARADISE 『Sabresonic』
Warp(1993)
シーンに衝撃をもたらしたSOPのデビュー・アルバムにして、その年のクラブ・ミュージックを代表する名作。代表曲“Smokebelch I”をはじめ、ダビーな音をベースにテクノ~トランス~アンビエントなど、何でもありのウェザーオールらしいオルタナティヴ魂が炸裂している。


THE SABRES OF PARADISE 『Haunted Dancehall』
Warp(1994)
90年代半ばに一大ブームを起こしたトリップ・ホップの起爆剤となった作品で、ユーモアを効かせた音使いのブレイクビーツやダウンテンポが並ぶ。当時話題を呼んだ“Wilmot”やポーティスヘッドがリミックスを手掛けた“Planet D”などの重要曲が満載だ。

TWO LONE SWORDSMEN 『Swimming Not Skimming』
Emissions Audio Output(1996)
アナログのみでリリースされたシングル曲やリミックスをまとめたTLSの2作目。ダークななかにもウェザーオールの美意識がキラリと輝くトラックが満載だ。一般的にはあまり認知度のないクセのある顔ぶれを揃えたリミキサーの人選もいかにもウェザーオールらしくておもしろい。

TWO LONE SWORDSMEN 『Stockwell Steppas』
Emissions Audio Output(1997)
この3作目でもハウスやテクノ、ドラムンベースと相変わらず節操なくいろいろな要素を採り入れているが、ディープなベースラインとアクアティックな音の処理によってアトモスフェリックな世界観が貫かれており、これまでの作品にはない統一感が出ている。


TWO LONE SWORDSMEN 『Tiny Reminders』
Warp(2000)
ダブ、エレクトロ、ハウス、IDMなどの融合を試みてきたTLSだが、ワープ移籍後3作目となる本作はそんな彼らの多様性が表現されたヴァラエティー豊かな内容。この後にリミックス盤を挿んでバンド的な方向へとシフトするわけで、これまでの活動の集大成ともいえる作品だ。


VARIOUS ARTISTS 『Rotters Golf Club Presents Machine Funk Specialists』
Rotters Golf Club(2002)
アンダーグラウンドな世界に根差したダーク・エレクトロ作品を連発する新レーベルのコンピ。かと思いきや、ほとんどの曲がウェザーオールと相棒のキース・テニスウッドによるプロダクションばかり。そんなところにも彼のひねくれた感覚が見て取れるエレクトロ盤だ。

TWO LONE SWORDSMEN 『From The Double Gone Chapel』
Warp(2004)
アルバムのほぼ全編で生ドラムを導入し、ウェザーオールの陰鬱なヴォーカル、テニスウッドのラフなギター&ベースによってガレージやゴシックといった要素を交差させた暗黒アルバム。ウェザーオールがファンだと公言しているガン・クラブの“Sex Beat”をカヴァー!

ANDREW WEATHERALL 『The Bullet Catcher's Apprentice』
Rotters Golf Club(2007)
長いキャリアのなかで次々と新たな名義を生み出してきたウェザーオールだが、本名によるオリジナル作品はこのEPが初! ガレージやロカビリーといったルーツからの影響を注入し、ダビーなテック・サウンドと合わせた強烈に男臭い作りは、ある意味での原点回帰を窺わせる。

OTHERDISCOGRAPHIC
THE SABRES OF PARADISE
Sabresonic II(1995)
Versus(1995)

TWO LONE SWORDSMEN
The Fifth Mission(1996)
Stay Down(1998)
A Virus With Shoes(1999)
Further Reminders(2001)
Wrong Meeting(2007)
Wrong Meeting II(2007)

COMPILATION
Emissions Audio Output - From The Archive Vol/01

インタビュー