こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2007年08月02日 17:00

更新: 2007年08月02日 17:25

ソース: 『bounce』 289号(2007/7/25)

文/bounce編集部、山西 絵美

 昔から関西レゲエは熱いのだが、それにしても最近の盛り上がりはヤバイ! DABOの作品に参加するなど活動の場を凄い勢いで広げているBES(イチオシ!)やMISON-B、NATURAL WEAPON他、枚挙に暇がないほど! よく〈東京弁が英語なら、大阪弁はパトワ。だから、関西でレゲエが盛んなのは当然!〉なんていうが、関西弁特有の言い回しと同地に根付く笑いのセンスは、現場でも大いに活かされている。なるほど、どいつもコッテリとした濃厚ソース味だね。(編集部)

CHEHON
『「チェホンのファーストアルバム」という名のアルバム』
 CBB/ミュージックマイン “みどり”で喝采を浴びた、大阪は鶴橋出身のDJ。このデビュー・アルバムは、“爆音CYCLONE「耳元ギンギン2K7」”や“DRAGGAN QUEST 2K7”など、現場でヒット中のアッパー・チューンが目白押しだ。しかし、生バンドを従えての新録“みどり”など絶品のミディアムを披露したりと、器量のデカさを窺わせたりも! いずれにせよ、韻を踏み倒すスタイルがハンパなくカッコイイのよ! (山西)

ICE-KOH
『Respect Parents』
 EMPIRE 大阪は堺から飛び出したDJが、Barrier Free(こちらも注目!)の主宰するレーベルから発表したミニ・アルバム。膨大なミックスCDに収録され、彼の名前を全国に広めた表題曲(泣きのママ・チューン!)のイメージがすっかり強くなってしまったけど、イケイケでゴリゴリなダンスホール・チューンもしっかり装備。むしろこっちのほうが聴きモノだったりします! (山西)

NISSIN
『GROWING UP』
 KAKORAGGA 兵庫育ち、伸びやかな声も印象的なシングジェイが、初のセルフ・プロデュースを手掛けた『DEAR...』から間髪入れずにニュー・シングルを投下。両親への感謝を歌にした表題曲や夢追い人への応援歌“年中夢求”、MARK IIとYAMAZARUを迎えてのジャマイカ体験記“音の鳴る島”など、ポジティヴな楽曲がズラリ! (山西)

インタビュー