こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

Lesson10 METAL-CORE

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2007年07月05日 14:00

更新: 2008年05月20日 12:10

ソース: 『bounce』 288号(2007/6/25)

文/塀戸門家

 従来ならエモとは対極に位置していたメタルも、ここ数年間の〈スクリーモ〉と〈メタルコア〉の隆盛によって一本の線上に繋がった。そのパイプラインに大きな役割を果たしたのが、〈冬版ワープト・ツアー〉との異名を取り、今年で3年目を迎えるイヴェント〈テイスト・オブ・ケイオス〉だ。マイ・ケミカル・ロマンスやアンダーオースらのスクリーモ勢と、新世代メタルコアの旗手であるキルスウィッチ・エンゲージ、アンアースなどが競演するこのイヴェントは、ツアーDVDもリリースされ、エモとメタルの垣根をどんどん低くしていった。

〈平メロはみんなでシンガロングできて、サビで感極まったら叫び倒す〉といった〈スクリーモ〉に対して、〈基本は絶叫で、サビは歌う〉というのが〈メタルコア〉の特徴。しかし、アズ・アイ・レイ・ダイング、イット・ダイズ・トゥデイのように、曲によってその比率が違うバンドも現れ、もはやこのセオリーはあまり意味を成さない。そもそも、キッズは歌メロがメタル的か、それともエモ寄りなのか、なんてことはイチイチ分析しないし、ギターのディストーションのツマミの大小など気にならないハズ。とにかく叫んで、歌って、モッシュ・パートで暴れる──この三拍子が揃った〈メタルコア〉ほど鬱憤の溜まったキッズに打ってつけなモノはない。まぁ、純正エモ・キッズからは疎まれるかもしれないけどね。

インタビュー