こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

Lesson9 IDOL EMO

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2007年07月05日 14:00

更新: 2008年05月20日 12:10

ソース: 『bounce』 288号(2007/6/25)

文/塀戸門家


 学園きっての高嶺の花なカノジョだって、イジメられっ子のナードがひっそりと奏でるラヴソングにはイチコロよ! というわけで、悩めるエモ・ガイたちの憧れのアイドルをご紹介しよう。

 まずは、〈PUNKSPRING〉でも来日し、間もなく完成予定の新作で大ブレイクするであろうパラモア。〈潜在的な歌唱力と作曲能力はあのアヴリル・ラヴィーンをも超える〉と評され、弱冠17歳でデビューを飾ったヴォーカルのヘイリーちゃん(写真)のかわゆさには、思わず筆者も思い出迷子。当然エモ・ガールからも熱い支持を受けて、アメリカではもはやティーンのアイコン的存在になっています。さらにエモの名門レーベル、ドッグハウスが送り込んできた美人姉妹ユニットのメグ&ディアにも注目! キャッチーなポップ・ソングとしても完璧すぎるハーモニーを奏でる彼女たちは、韓国系アメリカ人。楽曲もさることながら、とにかく日本人には親近感の沸くルックスが大ウケしそう。最後はゲット・アップ・キッズやミネラルといった初期エモ黄金期から影響を受けたと公言し、〈これぞエモ!〉といった甘酸っぱい青春ソングを聴かせるシカゴの1997。ここのキーボード/ヴォーカルのアリダちゃんは、もう罪ですよ、罪! ああ、神は彼女たちに二物を与え給うた。

インタビュー