こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

Lesson8 POST EMO

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2007年07月05日 14:00

更新: 2008年05月20日 12:10

ソース: 『bounce』 288号(2007/6/25)

文/粟野 竜二

〈ポスト・エモ〉=エモ以降の音を鳴らすバンドたち……とうことで、すでに紹介されている必修科目〈エモグレ〉との線引きが難しい部分もあるが、〈エモグレ〉がテクニックや曲構成の部分に凝っているのに対し、〈ポスト・エモ〉の場合はクリーン・トーンのギターであったり、エレクトロニカ的な要素であったりと、音作りの面や方法論の部分でポスト・ロック的な手法を採り入れているバンドを指すことが多いように思う。

 代表的なところでは、モグワイを彷彿とさせるディストーション・ギターと壮大なスケールの楽曲が特徴のアップルシード・キャスト、独特なリズム・パターンとキーボード・サウンドがニューウェイヴ色を強く感じさせるマイナス・ザ・ベアー、美エモとエレクトロニカを融合したスウェーデンのエイリエル・キル・ヒムなどが挙げられる。あと、何と言っても忘れてはならないのがジョーン・オブ・アークの存在だ。前身バンドのカップン・ジャズからこのバンドとプロミス・リングが生まれたという歴史的重要性もさることながら、あくまでエモーショナルな〈歌〉を中心に据えつつ、フリーフォームに展開されるサウンドは唯一無二。もはやエモの範疇で語られることは少ないが、エモの元祖でありながらポスト・エモの道をも切り拓いた彼らは、真のイノヴェイターであると言えよう。

インタビュー