こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

Lesson7 SCREAMO

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2007年07月05日 14:00

更新: 2008年05月20日 12:10

ソース: 『bounce』 288号(2007/6/25)

文/塀戸門家

〈エモ+スクリーム(絶叫)〉で〈スクリーモ〉。10年くらい前にこの呼び名を初めて聞いた時は大笑いしたモンだが、平メロはみんなでシンガロングできて、サビで感極まったら叫び倒して……というスタイルが、ここまでメインストリームに喰い込むことは誰もが予想だにしなかっただろう。現在では、マイ・ケミカル・ロマンスやユーズドといったビッグネームを追うカタチで、セイオシンとアンダーオースが頭ひとつ抜けた存在となっているが、一方でアレサナ、ドロップ・デッド・ゴージャスといった将来性のある若いバンドも続々と誕生していて、その勢いはまだまだ留まるところを知らない。

 しかし反面、中堅バンドをはじめとして、歌メロ重視のロック路線に方向転換したりと、脱スクリーモを試みるバンドが多いのもまた事実。そのヴェクトルはさまさまだが、〈エモグレ〉も〈ゴスモ〉も、基本的なスタイルはスクリーモから派生したものであり、いまやそこに〈+α〉として何を付け加えるかが重要なファクターを担っている。そもそも、スクリーモ自体がエモの進化形であることを考えれば、今後、この方程式の延長線上から新たな突然変異が産まれてくる余地は大いにありそうだ。しかし、どいつもこいつもあのムダに長い前髪はどうにかならんのかね!?


アレサナの2007年作『On Frail Wings of Vanity and Wax』(Fearless)

インタビュー