こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

Lesson3 EMO-GRE

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2007年07月05日 14:00

更新: 2008年05月20日 12:10

ソース: 『bounce』 288号(2007/6/25)

文/編集部

〈エモの分際でグレてどうする!?〉と思ったら、実は〈エモ+プログレッシヴ・ロック〉だった。はぁ……。そんじゃ、〈プロエモ〉じゃダメ!?
 気を取り直して、もともとコヒード・アンド・カンブリアやブラッド・ブラザーズ、マーズ・ヴォルタみたいに、〈カオティック・エモ〉だとか、〈激情エモ〉〈変態系エモ〉なんて呼ばれ方をしていたもの。彼らを筆頭に、エモの要素を含みつつもそれだけには囚われない分類不能なサウンドを、改めて強引に一括りにしちゃったのが〈エモグレ〉である。変拍子やストップ&ゴーを多用したリズム、絶叫&咆哮からすすり泣くようなウィスパーまで自由自在に声を操るヴォーカル、いわゆるコードやリフだけでなくフリーキーに音色を奏でるギター、果てはキーボードやピアノ、弦楽器を導入したりと、その懐の深さは無限大! コンセプトに基づいたアルバムを制作し、あるバンドはオーケストレーションを率いてオペラとも呼べるライヴを行うなど、まさに現代のプログレとも言えるのだ。
(塀戸門家)


DAMIERA 『M(US)IC』 Equal Vision(2007)
自主EPを発表後、イコール・ヴィジョンからリリースとなった待望のファースト・アルバム。〈CDが飛んでるのか?〉と勘繰りたくなるるほど変則的なリズム・チェンジを多用しつつも、アップテンポに乗せて明るくキャッチーな歌メロを聴かせる手腕は随一。今後の活動に期待されていたが、残念ながら解散した。
(塀戸)

CHIODOS 『All's We That Ends Well』 Equal Vision(2006)
同じくイコール・ヴィジョンからのリリース。プログレッシヴかつキャッチーなサウンドを聴かせるミシガンの変態6人組、チオドス。日本語で〈アラスカにペンギンなし〉など曲名も変態だが、ルックスはイケメンというギャップが◎。
(塀戸)

PROTEST THE HERO 『Kezia』 Vagrant(2007)
〈PUNKSPRING〉で初来日を果たした彼らは、スライスやルフィオあたりのエモ・メタルをさらに複雑にした楽曲と、様式美メタルおじさんにもウケるであろうメロスピっぷりがウリ。ヒューマン・アブストラクトと並んで次世代の理系メタルの将来を担う逸材だ。
(塀戸)

KADDISFLY 『Set Sail The Prairie』 Sub City/Hopeless(2007)
ポートランド出身の5人組による3作目。叙情的なピアノ、スペイシーなギター、ファルセットも交えた表現力豊かなヴォーカルで聴く者を自分たちの世界にグイグイと引き込む。ドラマティックな曲展開はコヒード・アンド・カンブリア以上? これからの〈エモグレ〉をリードする注目バンドだ。
(粟野)

インタビュー