こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

アナタの身体をシェイクするホット・ディスクをご紹介!

NEW RAVE

SUNSHINE UNDERGROUND 『Raise The Alarm』 City Rockers/Red Ink (2006)
強靭なグルーヴをロックと融合させたギャング・オブ・フォーやミュージックの出身地=リーズは、〈ニュー・レイヴ〉でも最前線を担うホット・スポット。その指揮を執る彼らは、ライヴハウスとクラブを結ぶ活動を展開し、クラクソンズと並ぶシーンの重要バンドへと急成長!
(冨田)

LO-FI-FNK 『Boylife』 Moshi Moshi(2006)
シーンの熱狂ぶりなんてどこ吹く風。マイペースに奏でられるドリーミーでエレポップな楽曲でハッピー・ダンシング! これがスウェーデン流ニュー・レイヴ!? 胸キュン・サウンドに思わずニッコリな北欧発ダンス・ロックの決定盤です!
(柴田)

NEW YOUNG PONY CLUB 『New Young Pony Club EP』 Modular(2007)
人気レーベルのモデュラーと契約を交わしたばかりの彼らは、早くもそのエレクトロなポスト・パンク・サウンドでNMEからも絶賛されている注目株。このEPには話題のヴァン・シーもリミキサーとして参加。クラブ・リスナーにもオススメです!
(白神)

THE KBC 『On The Beat!』 High Voltage(2007)
マンチェスターで育まれた、殺傷能力抜群のネオン・カラーなロック・チューンにノックアウト必至! カッティング・エッジなギター、中毒性溢れる歌声、メロディアスな楽曲、それらすべてがアナタの身体に眠る〈踊ろうぜDNA〉を心地良く刺激する。
(柴田)

THE INVENTION 『A Shock To The System』 VINYL JUNKIE(2007)
サンシャイン・アンダーグラウンドやKBCを生み出したUKはリーズ出身の4人組によるデビュー作。コレがスゴイ! 前述の2バンドに負けないフロア・アンセムが目白押しで、どこまでもグルーヴィーなダンス・ロックはまさしく〈ニュー・レイヴ〉の夜明けを告げているかのよう! キラメキの一枚。
(白神)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2007年03月15日 11:00

更新: 2007年03月15日 20:29

ソース: 『bounce』 284号(2007/2/25)

文/柴田 かずえ、白神 篤史、冨田 明宏、山西 絵美

インタビュー