こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2006年12月28日 11:00

更新: 2006年12月29日 00:22

ソース: 『bounce』 283号(2006/12/25)

文/大石 始

ヴェテラン勢がふたたび猛威を振るう!

ここ数年続いてきたアーリー・ダンスホールのリメイクは2006年も多く見られ、その追い風を受けてヴェテランたちが再浮上。ラスタ系アーティストも元気にリリースを重ねた。また、バウンティ・キラーの復調が象徴するように、バッドマンDJが幅を利かせたことも印象的だった。そうしたジャマイカの動きがある一方で、ドイツ勢の飛躍や、来日も果たしたウォリアー・チャージ、韓国のウィンディ・シティの登場なども重要トピックでしょう。

VOICE MAIL 『Hey』 VP 
ジャマイカが誇るお祭り野郎ども(?)が放った初作。度重なる来日で日本での知名度も上昇し、今作も好調なセールスを記録した。メンバー一丸となってアゲ倒す&踊り倒すスタイルは、卓越したスキルで魅せるT.O.K.とも異なるもの。その勢いを見事にパックしたスウェッティーな一枚だ。

VYBZ KARTEL 『J.M.T.』 Greensleeves 
ここ数年安定した人気を保ってきた彼の3作目は、近年のヒットをまとめた濃厚盤。進化するダンスホール・トラックのおもしろさも刻み込まれているが、凄まじいのは主役の縦横無尽な話芸。次世代のバッドマンDJが次々登場した2006年においても、そのキレ味は目立つものでした。

MATISYAHU 『Youth』 Jdub/Epic 
ユダヤ教に心酔し、ジャム・バンド界隈ともリンクする異色レゲエ・シンガーの躍進は、(レゲエであるかは置いておいて)2006年の音楽シーンの重要トピック。その強烈なキャラクターばかりが注目されがちではあったが、今作のユニークなバランス感覚は今後も語り継がれるべき。

BUSY SIGNAL 『Step Out』 Network 
表題曲のヒットを引っ提げて登場した、新進バッドマンDJによるこのデビュー作も話題になった。ヴァイブス・カーテル以降を感じさせるバッドマン・リリックスとシャープなDJイングは、MIGHTY CROWN招聘の来日公演でも露わに。無骨のようでいて芸達者なところも魅力か。

SIZZLA 『Waterhouse Redemption』 Greensleeves 
VPからベスト盤が発表されるなど、にわかにジャミーズ再評価の気運が高まった2006年。そのなかでも決定打となったのが、全編でジャミーズのトラックをリメイクした今作だ。相変わらず勢力的なリリースを続けたシズラだったが、どれも高品質だったのは流石。

BEENIE MAN 『Undisputed』 Virgin 
“Come Again”や“Hmm Hmm”など近年のヒットと、エイコンやブルック・ヴァレンタインを招いたインターナショナル仕様の曲をバランス良く配置し、貫禄を見せつけた一枚。バウンティ・キラーの元カノであるディエンジェルとの婚約、そのバウンティとの抗争再燃なども話題に。

インタビュー