こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

DISCOGRAPHIC EVERYTHING BUT THE GIRL

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2006年11月22日 12:00

更新: 2006年11月22日 18:40

ソース: 『bounce』 281号(2006/10/25)

文/池田 謙司

エヴリシング・バット・ザ・ガールを知るための7枚

『Eden』
Cherry Red/インペリアル(1984)

  こざっぱりしたトレイシーの歌とシンプルなベンのギターの調べが組み合わさって、ネオアコ・シーンにボッサ~ジャズの清新な風を吹き込んだ記念すべきデビュー作。“Each And Everyone”ほか秀曲多数。プロデュースは当時シャーデーも手掛けていていたロビン・ミラー。

『Baby, The Stars Shine Bright』
Cherry Red/インペリアル(1986)

  ゴージャスなオーケストレーションの導入によって、これまでのファンをあっと言わせた3作目。ノスタルジックな風合いが残るアレンジに、彼らのポップセンスがうまく溶け込んでいる。UK的ジメジメ度は低く、穏やかな古き良きアメリカを思わせる爽やかな仕上がりだ。

『Idlewild』
Cherry Red/インペリアル(1988)

  AOR的大人の雰囲気を漂わせた4作目。打ち込みの要素が増え、その上をキーボードが滑らかなメロディーを奏でていく──そんな時代の流れに沿ったアプローチがなんとも彼ららしいが、2人のナチュラルな佇まいは相変わらず! そこに彼らの巧さが隠されていたりも……。

『The Language Of Life』
Cherry Red/インペリアル(1990)

  スタン・ゲッツ、マイケル・ブレッカー、ジョー・サンプルなどジャズ/フュージョン界の大物を招いて初のLA録音を敢行した5作目。AOR化をさらに押し進めることで、夜景が似合うスタイリッシュな作品に仕上がっている。洒落た若者の必需品としてその名を一気に広めた一枚!

『Amplified Heart』
Cherry Red/インペリアル(1994)

  フェアポート・コンヴェンションの面々の参加も手伝って、原点回帰した……というよりは、新たなアコースティック・サウンドに挑戦した7作目。また、トッド・テリーによる“Missing”のリミックスが大ヒットしたことで、この後EBTGは大きな転換を迎えることに!

『Walking Wounded』
Virgin(1996)

  クラブ・ミュージックへの接近が本格化したヴァージン移籍作。ハウィー・Bのサポートでスリリングなドラムンベースとディープなロウ・ビート・サウンドを構築。クラブ・シーンとポップ・ミュージックが絶妙なバランスで同居しているのは、トレイシーのクールな歌のおかげ?

『Temperamental』
Virgin(1999)

  ベンの本格的なDJ活動開始に伴ってEBTGのクラブ化はさらに進行。J・マジックやディープ・ディッシュともコラボするなど、もはやすっかりクラブの人というイメージが定着する。しかしながら、繊細な曲の良さからホームリスニング用としても十分に気持ち良い一枚だ。

OTHERDISCOGRAPHIC
ALBUM
『Love Not Money』(1985)
『Worldwide』(1991)

COMPILATION
『Home Movies』
『Like The Deserts Miss The Rain』
『Acoustic』
『Essence And Rare 82-92』

インタビュー