こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

NOTHING BUT THE "MUSIC"!

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2006年11月22日 12:00

更新: 2006年11月22日 18:40

ソース: 『bounce』 281号(2006/10/25)

文/編集部

EBTGを取り巻く豊潤な音楽エッセンスをキーワード別に紐解いてみよう!

●BOSSA NOVA
  ソロ活動の頃からボサノヴァのエッセンスを積極的に採り入れてきた2人(インタヴューなどでもベンはたびたびフェイヴァリットにジョアン・ジルベルトの名前を挙げている)。しかしながら、EBTGの魅力は本格的にそれらを模倣するのではなく、咀嚼しながらも我流にアレンジするところにある(84年作『Eden』の冒頭曲なんてまさに!)。言うなれば、彼らのそんな中途半端さ加減(もちろんホメ言葉)がここ日本でも大いにウケたのだろう。

●FOLK ROCK
  85年作『Love Not Money』にもフォークやカントリーからの影響をチラつかせる曲(“Anytown”など)が収録されているが、それがもっとも顕著に表れたのは94年作『Amplifield Heart』だろう。フェアポート・コンヴェンションのリチャード・トンプソンとデイヴ・マタックス、ニック・ドレイク仕事でも知られるハリー・ロビンソンなどをゲストに迎えて、お洒落ユニットらしからぬ(?)しみったれソングを多数披露! やはりルーツは拭えないのだ!

●JAZZ/FUSION
  父親がジャズ・ピアニストだったこともあって幼い頃からジャズを嗜んでいたベンは、その出自を包み隠さずに表出。とりわけ、マイケル・フランクスなどを手掛けたトミー・リピューマをプロデューサーに迎えて、フュージョン風の大人びた楽曲に挑戦した90年作『Language Of Life』ではブレッカー・ブラザーズのマイケル・ブレッカーやジョー・サンプル、スタン・ゲッツなど、憧れのプレイヤーをご招待! 心なしかベンの歌声が活き活きしてる?

●DRUM 'N' BASS
  クラブ寄りの音に移行していったEBTGだが、とりわけ評判の良かったのがドラムンベースへのアプローチ。その手助け役として、97年作『Walking Wounded』にも顔を覗かせているハウィー・Bの存在が大きいだろう。ちなみにハウィー・Bは99年にもスライ&ロビーをあっちの世界へと手引きしている。ベン自身はドラムンベースを〈未来のボサノヴァ〉と捉えていたようで、次作では人手に頼らずに自力でトラックを作り上げた。

●COVER SONGS
  92年に『Cover EP』(現在は廃盤)なんて作品を発表しているほど、結成以来さまざまなカヴァーにトライしてきたEBTG。ブルース・スプリングスティーンやエルヴィス・コステロ、シンディ・ローパーのカヴァーを収録している編集盤『Acou-stic』では、彼らのカヴァー上手っぷりをお腹いっぱい堪能できる。とはいえ、何を歌ってもトレイシーの声が乗るだけでオリジナルなものに仕上げてしまうのだから凄い。

●REMIX ALBUM
  94年にトッド・テリーが手掛けた“Missing”のリミックスによって、クラブ・ミュージック寄りの音へとシフトしていったEBTG……ということで、それ以降のシングルに収められたリミックスをコンパイルしたものがコレ(未発表曲も満載!)。ニー・ディープの手でラテン調に生まれ変わった“Corcovado”や、キング・ブリットによるエレクトロニカルな“Rollercoaster”をはじめ、名クリエイターによる名仕事が堪能できる。

インタビュー