こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

寒い季節の温もりディスク(3)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2006年10月26日 11:00

更新: 2006年10月26日 22:41

ソース: 『bounce』 281号(2006/10/25)

JEFF HENDRICK 『Soul Generation』 Bout Time(2006)

  寒空の下でも爽やかで甘く薫り立つ微風を吹かせてくれる、果てしない心地良さを備えた逸品。薄口のスムース・ヴォイスもさることながら、ジャジーなアレンジと官能的なグッド・メロディー、洒脱な空気感も粋。しっとりした秋の夜長にも似合うかな。(池田)

J-SHIN 『All I Got Is Love』 South Beat(2006)

  スリップン・スライドに在籍していたこともあるマイアミ出身シンガーの3作目。絶好調のジム・ジョンシンが全体を仕切り、T・ペインやタンパ・トニーらフロリダ人脈が大挙参加した全方位型の音作りも巧いが、少しヤワでスウィートな歌唱はもっと旨い! これは佳作です。(出嶌)

WADE O. BROWN 『All Night, All Love』 Groove United(2005)

  紳士的でしっかりエロい低音のアダルト・ヴォイスに身も心も火照る、ラグジュアリーな大人ソウル盤。甘くディープに響くシャウト混じりの歌唱で、ムーディーなステッパーズから濃厚なスロウ・ジャムまでを披露されれば、外は寒くても気付けば裸で……!?(池田)

DEPONCE 『Devotion』 DMG(2006)

  90年代に活躍したア・フュー・グッド・メンの元メンバーによるソロ2作目。情熱的な歌声の素晴らしさは言わずもがな、テンダーなスロウからダーティー・サウス・マナーのアップまでをみずから手掛ける才に驚嘆。特に後者路線でのフューチャリスティックな泥臭さは聴きモノだ。(出嶌)

PUBLIC ANNOUNCEMENT 『When The Smoke Clears』 Boss(2006)


  R・ケリーと活動していたグループの復活作。ラップも交えた冒頭のアップでホットにさせられ、その後も4人それぞれの手口で甘く優しく愛撫されたり、時に激しく攻め立てられたり、相変わらずエロさ全開。しっとりキメたい時のBGMにも。(池田)

K-CI 『My Book』 Head Start/Bungalo(2006)

  言わずと知れた歌バカ一代の初ソロ作。迸る情熱、汗の匂いがするかのような体ごと歌うヴォーカル……この熱いシャウトに身悶える濃厚な夜を過ごせてこそ、本物のR&Bファン。雰囲気だけの軟弱男に飽き足らない貴女は必ずコレを聴くべきです。男子も見習えよ。(池谷)

ZIEME 『Scream My Name』 Wisemen(2006)

  フォースMD'sの血統書付き、スウィートでキレのあるハイテナーを聴かせる17歳のR&Bギャングスタによる初作。ファルセットも巧みにフレッシュな胸キュン曲からハードなアップまでをこなす歌唱、哀愁を帯びた美しい自作のメロディーなど、溢れる才能を窺わせる一枚。(池田)

インタビュー