こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

R&Bの世界に浸るためのコラム三題(3)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2006年10月26日 11:00

更新: 2006年10月26日 22:41

ソース: 『bounce』 281号(2006/10/25)

文/荘 治虫、狛犬

逸材シンガーやクリエイターが次々と流入するアーバン・ゴスペル


  元ブラックストリート、なんて経歴に触れずともソロ・シンガーとして確固たる実績を残しているデイヴ・ホリスターが、2年ぶりの新作『The Book Of David : Vol. 1 The Transition』をリリース! ゴスポ・セントリックへの移籍作ということで今回はゴスペル作品なのだが、そう書いてももはや躊躇するR&Bファンはそういないだろう。堅苦しいイメージに反し、近年のアーバン・ゴスペルはR&Bとほぼイコールなものとして楽しめる……ってことはこれまでにもたびたび紹介してきたとおり。パジャム制作の先行シングル“What Do You Do”はジェントルで情熱的な濃い口のヴォーカルが味わえる好スロウに仕上がっているし、アルバムにもマイク・シティやシェップ・クロフォードなどR&B/ゴスペルの双方で活躍する名匠たちの濃密な仕事がひしめいている。

  で、こうしたゴスペル勢の活動はますます好調で、先駆者であるカーク・フランクリンが相変わらずメインストリームを意識した作品を送り出し続けているのはもちろん、ウォーリン・キャンベルのサポートを得たメン・オブ・スタンダードは凄まじい名作『Surround』を創出し、先述のパジャムが育てる21:03のデビューも鮮やかだった。また、フレッド・ジャーキンスが仕切るダークチャイルドのゴスペル部門からはヴァーチューが心機一転作を放ったばかり。そう、R&Bシーンでは少なくなってしまったヴォーカル・グループが豊富に存在しているのもアーバン・ゴスペルの魅力だろう。この後はケリー・プライスのゴスポ移籍作も控えているようだし、R&Bファンがアーバン・ゴスペルをスルーするのは損だ、とまで言ってしまいたい。*狛犬

▼文中に登場したアーティストの作品を紹介


21:03の2006年作『Twenty One O Three』(Pajam/Verity/Gospo Centric)


ヴァーチューの2006年作『Testimony』(Darkchild Gospel/Integrity Gospel/Columbia)

インタビュー