こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

R&Bの世界に浸るためのコラム三題

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2006年10月26日 11:00

更新: 2006年10月26日 22:41

ソース: 『bounce』 281号(2006/10/25)

文/荘 治虫、狛犬

Essential Topics

もう裏方じゃないソングライターたち


  ジョン・レジェンドがそうであったように、このところ裏方で名前を上げてデビューを掴むシンガーが目立っている。裏方のなかでも特にソングライターがいま俄然人気だ。たとえば、マリオの“Let Me Love You”を書いたニーヨが華々しくデビューしたのは記憶に新しいところだし、マライア・キャリー“We Belong Together”を書いたジョンタ・オースティンもアルバム・デビューに向けてカウントダウン中だ。さらに、ケヴィン・リトルのアルバムに制作参加してデビューしたトレイ・ソングズや、シティ・ハイでデビュー経験はあったがアッシャーの『Confessions』を手掛けてソロ・デビューを果たしたライアン・トビーあたりもこの仲間に入れていいだろう。

 R&Bで言うところのソングライターとは、多種多様なビートを聴いてそこに歌詞とメロディーを付けていくのが主な仕事で、コーラス・アレンジを考えてみずから吹き込むことも少なくない。現在主流の制作スタイルではトラックメイカーがプロデューサーとクレジットされることが多いが、彼らはシンガーに近い立場にいるソングライターに歌のアイデアを出してもらうことで高いクォリティーを実現しているのだ。いまやヒットを狙うなら良質なソングライターを見つけることが必須というわけ。一方、デビュー前のシンガーにとってはソングライターとして注目を集めればアーティスト契約も夢ではない。両者の利害関係が一致した結果、良質なソングライターが続々芽を出しているのが現状だ。売れっ子のショーン・ギャレットやハロルド・リリー、ティンバランド一派のケリ・ヒルソン、ビヨンセの“Deja Vu”を書いたマケバ・リディックあたりのソングライターも相当アツイですぞ! *荘 治虫

▼文中に登場したアーティストの作品を紹介

インタビュー