こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2006年10月26日 11:00

更新: 2006年10月26日 22:41

ソース: 『bounce』 281号(2006/10/25)

文/Rina

地元産のソウルを追求するビリー・クック


  ウェッサイにおけるネイト・ドッグばりに〈ミリオンダラー・フック〉、または〈ヴォイス・オブ・H・タウン〉とも呼ばれているヒューストンのビリー・クック。ネイトと同じく単なるラッパーの引き立て役じゃないシンガーだ。そんなビリーが2000年に発表したものの長らく入手困難だった幻のファースト・アルバム『Certified Platinum』がこのたびオリジナルのジャケでリイシュー/初日本盤化された!

「あのアルバムには多くのプロデューサーが参加してくれたんだけど、それが決まった段階ですでに締切日が迫ってたんだよね(笑)。ただ、時間がないからっていい加減なアルバムは作りたくなかったんだ。結果的にたった2週間で完成させたんだけど、その間に俺たちはすべてのエネルギーをこのアルバム制作に費やしたから、誰が聴いても短時間で制作されたとは思えないほど、完璧に仕上がったと思うよ」。

 印象深いタイトルは、不遇の時代が長かった彼のプライドや自信を強く感じさせるものだ。

「俺の声やスタイル、メロディー、ファッション……すべてが最高級(プラチナム)だということだよ。プラチナムなアーティストで、プラチナムな声を持ち、プラチナムなチャンスを掴んだ人物ということさ」。

  印象深いと言えば、マーヴィン・ゲイの傑作『I Want You』を模したジャケもそうだ。ビリーなりの敬愛の念を窺わせるが、作品内でも実際にマーヴィンの“Distant Lover”をカヴァーしている。

「彼や俺のように教会出身で、ジャズのバックグラウンドもあるリアルなシンガーは独りで活動することが多くなるんだ。誰にも依存することなく独立していて、自分の進むべき道や追い求めているものがしっかりわかっているからね。彼のリリックにはそういう強さを感じるよ。そんなアーティストとしての生き方に俺は凄く影響されたし、自分にも共通していると思ったのさ」。

 一方で彼は、ニュー・アルバムの『The Truth』もこの夏にリリースしている。カミリオネアやバン・Bら、これまで以上に多くのラッパーが参加しており、現行テキサス・シーンの勢いとリンクした内容だ。

 「ベストな仲間たちが揃えば、ベストなアルバムが出来上がるのは間違いないからね。そういう意味で最高のメンバーと最高の音楽を作りたかった。俺自身がこれまでたくさんのラッパーと共演していたから、〈今度は俺のに参加してくれ!〉って感じでどんどん決まっていったんだ」。

 こちらのアルバムは、これまでにないシンプルなタイトルが冠されていて、非常に意味深だ。

 「『The Truth』では俺が存在する意味、そして俺がシンガーとしてみんなに認められるまでの経緯の〈真実〉を歌っているんだよ。俺は長い間ヒップホップ・ゲームでたくさんの壁にぶつかって、挫折を味わってきた。ラッパーたちの陰で、なかなか世間に認められる機会を持てなかった。でも、俺には確かな自信があったんだ、誰もが俺の歌を必要としているってね! 他のどのシンガーにもできない、歌によってスピリチュアルなメッセージを伝えるのが俺の宿命だ」。

 精力的なビリーは、早くも新作として、2枚目のクリスマス・アルバム『Peace On Earth』をリリースしたばかり。その歌声はこれからの季節にますます活躍しそうだ。

▼ビリー・クックの作品を紹介


2003年作『Livin' My Dream』(BMG1965)

▼ビリー・クック関連盤を紹介

インタビュー