こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

肥沃なR&Bの大豊作地帯、アトランタの現在

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2006年10月26日 11:00

更新: 2006年10月26日 22:41

ソース: 『bounce』 281号(2006/10/25)

文/狛犬

 モニカのデビューした90年代半ばこそ、五輪開催を控えたアトランタ・シーンが盛り上がった時期だったということを思えば、彼女の〈不在〉時にクランク・ムーヴメントが世界規模へ拡大したり、アウトキャスト~ダンジョン・ファミリーの一段上を行くブレイク劇が巻き起こったり、かの地がずっとシーンの新しい流れを作り出す土壌を保ち続けていることに驚かされる。そこでまず注目なのはクランク~スナップス系のR&Bアクトで、チェリッシュやシアラ(新作も間近!)を送り出したジェジー・フェイ率いるショー・ナフの動きには注目したい。また、よりアーシーなオールド・ソウル路線を採るダンジョン界隈では、スリーピー・ブラウンがアルバム・リリースに至ったばかり。さらに、アンソニー・デヴィッドや彼の新作に参加していたインディア・アリーらオーガニックな自作自演派の豊穣ぶりも忘れちゃいけないし……本当に多彩で層の厚い地域なのだ。

▼文中に登場したアーティストの作品を紹

インタビュー