こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

JOHNNY CASH

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2006年09月21日 12:00

更新: 2006年09月21日 20:11

ソース: 『bounce』 279号(2006/8/25)

血の匂いがする。錆びた涙と乾いた汗の向こうで硝煙が薫る。まっすぐに見定めた道で、愛と狂気が、熱情と冷徹が、神と悪魔が隣り合わせている。彼の歪んだ唇が描き出したものは、アメリカという祖国に渦巻くあらゆる感情だった。古く懐かしい響きにも新しい波の訪れにも動じず、教会でも監獄でも、彼はひたすらに信じるものを追い求め続けた。もしあなたが生きて、その道を歩いていくのならば、いつかどこかでジョニー・キャッシュに出会ったほうがいい

インタビュー