こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2006年06月08日 16:00

更新: 2006年06月08日 20:04

ソース: 『bounce』 276号(2006/5/25)

aota

『Green Walk To Market To Buy A Plum Cake』 ANGEL'S EGG(2005)

  チェンバロでの活動を経て彼が辿り着いたのは、呼吸のリズムが穏やかに鳴るようなギター・インスト。このファースト・アルバムはブルースを基調としたフレージングが印象的なのだが、そこにチラリと見え隠れする洗練された現代的なシルエットやヒップホップ通過後のエディット感がとにかく新鮮です。(斉藤)

CAREY OTT
『Lucid Dream』
 Dualtone(2006)

  ナッシュヴィルを拠点に活動する彼のデビュー・アルバム。聴いてるだけでウキウキさせられる爽快でポップな冒頭曲やノスタルジックでちょっぴ切ない“Hard To Change”など、収録曲はいずれも表情豊か。メッセージ性の強いリリックも印象的ですが、そこに重さや恩着せがましさは皆無で、聴く者に光を導いてくれるような作品です。(山西)

Curly Giraffe
『Curly Giraffe』
 BURGER INN(2006)

  謎多き新人(でも、その正体はGREAT3の高桑圭)のファースト・アルバムは、ジャック・ジョンソンというよりはトミー・ゲレロ寄りというか……そこかしこに都会的な匂いを漂わせるオシャレな一枚。ひとり自宅にこもって作り上げたというだけに細部へのこだわりも効いていて、時折見せる閉塞的な側面にもかなり共感できる。(山西)

BLKTOP PROJECT
『Blktop Project』
 Galaxia(2006)

  トミー・ゲレロ、レイ・バービー、マッド・ロドリゲスによるインスト・ユニット。メンフィスからシカゴへと旅をしながら制作された今作は、ルーツ音楽を辿りつつも、研ぎ澄まされた感性でそれらを再構築させた珠玉の一枚。生音と電子音が絶妙に交差する様は流石の一言で、その隙間を縫う独特の〈間〉にもセンスの良さを感じます。(山西)

SEU JORGE
『The Life Aquatic Studio Sessions』
 Hollywood(2006)

  ブラジルが生んだ新世代サンバ・ファンクのスターにして、俳優としても活躍するセウ・ジョルジ。映画「ライフ・アクアティック」の劇中で弾き語っていたデヴィッド・ボウイのカヴァーを集めた本作は、〈ボウイ=グラム・ロック〉のイメージを覆す激ユル盤! ポルトガル語の響きも妙に心地良い。(田中)

おおはた雄一
『ふたつの朝』
 ワーナー(2006)

  ワイゼンボーンの艶やかな音色と、耳元で囁くように語りかけてくるほんのりと甘い歌声。風景が立ち上がるのではなく、色鮮やかに流れていく──そんな車に乗って旅をするかのような感覚が、彼の歌の最大の魅力だろう。坂田学や高田漣、持田香織らをゲストに迎えて、より温かみのあるバンド・サウンドを獲得した渾身の3作目。(斉藤)

THE JOSH OWEN BAND
『Live』
 Right On(2005)

  メルボルン在住のギタリストがバンド編成で行ったライヴの音源。スライ風“Right On”やプリンス風“Loads Hand”など、ファンク色強めの楽曲がとにかくクール。かと思えば激メロウな“Leave Ya Light On”だって難なくこなすんだから、その器のデカさには驚かされるばかり……で、今年春に予定されていたニュー・アルバムはいったいいつ出るの?(山西)

JESSE HARRIS
『Mineral』
 Secret Sun(2006)

  ノラ・ジョーンズの大ヒット曲“Don't Know Why”の作者としても知られるシンガー・ソングライター、ジェシー・ハリスの最新作にして最高傑作。温かなアコースティック・サウンドと日常に寄り添う優しい歌声が、心の奥底までをホッとさせてくれる最良の和み盤。真夜中にひとり静かに耳を傾けたい一枚です。(田中)

VARIOUS ARTISTS
『Weekend Sessions3』
 Liberation(2006)

  環境保護のチャリティー目的でリリースされているオーストラリア産人気コンピのシリーズ第3弾。ウィル・コナーやジョン・バトラー、ブルー・キング・ブラウンなど、この特集に登場した同地の注目アーティストが軒並み顔を並べているので、〈何から聴けばいいのやら……〉と頭を抱えているアナタにまずオススメしたい一枚です!(山西)

インタビュー