こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2006年06月08日 16:00

更新: 2006年06月08日 20:04

ソース: 『bounce』 276号(2006/5/25)

文/斉藤 ジョゼ、田中 幹也、まちだ ゆうき、山西 絵美

爽やかな空気を運んでくれる極上のユル盤を紹介!

TIMMY CURRAN
『Citsuca』
 Foe/Record Collection(2006)

  コンピ『Tropicalize II』に参加していたこともあり、この手の音楽ファンにはお馴染みのトップ・プロ・サーファーによる初の単独音源集。カラッとしたサウンドを想像しがちだが、湿度高めなマイナー・コード進行の楽曲が素晴らしい出来で、思わず吸い込まれそうになる優しくもインパクト大な歌声にも涙がほろり。(山西)

BEN HARPER
『Both Sides Of The Gun』
 Virgin(2006)

  誰もがリスペクトして止まないベン・ハーパー。今作は埃っぽくてファンキーな曲を集めた〈白盤〉と、メロウで感動的な曲を集めた〈黒盤〉から成る2枚組で、彼の持つふたつの表情が楽しめる。サーフ・ロック勢の多くも彼をめざしているが、決して届かない。なぜなら音に宿る強い信念が、彼を〈孤高のカリスマ〉たらしめているのだから。(田中)

FOREST SUN
『Dancing Again』
 Yellow Bus(2005)

  サーフ・ムーヴィーへの楽曲提供やALOとの交流で知られるUS西海岸出身の放浪詩人。リラックスした雰囲気に包まれたサウンドは、レイドバックしたジャクソン・ブラウンを思わせるような……。ルーツ・ミュージックを底に鳴らしつつも、どこか軽さ(もちろんいい意味での)を伴っていて、人懐っこい印象を与えてくれる。(まちだ)

Caravan
『Wander Around』
 rhythm zone(2006)

  日本におけるサーフ・ロック・シーンの中心人物と言えば間違いなく彼なのだが、そんなカテゴライズがまったく野暮に思えるくらい普遍性に富んだ3作目。KeisonやLeyona、光風(COOL WISE MEN)ら、気心の知れた仲間と共に音楽ジャンルではなく、いかに彼が気持ち良く言葉を紡げるかにこだわった作品です。(斉藤)

RICHARD JULIAN
『Slow New York』
 Manhattan(2006)

  ノラ・ジョーンズと親交が深く、リトル・ウィリーズの一員でもあるシンガー・ソングライター=リチャード・ジュリアン。このメジャー・デビュー作では、NYでの日常生活をスロウなアコースティック・サウンドによって描いてみせている。スモーキーな歌声が渋さを引き立てる、都会派リラクシン・ミュージックの傑作だ!(田中)

BLUE KING BROWN
『Blue King Brown』
 Roots Label(2006)

  メルボルン出身の4人組によるデビュー作。アコギやパーカッションを軸とするナチュラルなバンド・サウンドが織り成すのは、ラテンやソウル、レゲエをゴチャ混ぜにしたなんとも陽気な無国籍ミュージック! とりわけハスキーな女性ヴォーカルが印象的で、イイ具合に泥臭さを抽出しています。タイトなグルーヴがクセになる!(山西)

YONKEE
『Old Habits』
 Slowseol 

  ユンキーがロンドンに渡る前に地元ソウルで限定リリースしていた音源の編集盤で、ハミングなどをフィーチャーした脱力系ロック・サウンドがズラリと並んだ極上のリラクシン・アルバム。彼が得意とするダブの要素は影を潜めているが、裏打ちギターやぶっといベースといった〈らしさ〉もさりげなく顔を覗かせているんだから侮れません。(山西)

ASIA SunRise
『Sunshine Boy』
 JMS(2006)

  畑崎大樹のソロ・ユニットが放つ初のフル・アルバム。力強く掻き鳴らされるガット・ギターの音色と飾らない朴訥とした歌声は、太陽の恵みをめいっぱい吸収した大陸的な包容力に満ち溢れていて、〈Sunshine Boy〉というタイトルが実に似合うカラッとした作品に仕上がっている。ゲストにSkoop On Somebody、おおはた雄一らが参加。(斉藤)

LIOR
『Doorways Of My Mind -Live At The NSC』
 Senso Unico(2006)

  デビュー作『Autumn Flow』が本国オーストラリアで絶賛されている注目のシンガー・ ソングライターによるライヴ盤。オーガニックな心地良さもありつつ、哀愁漂うスムースな都会的センスも仄かに感じ取れるので、〈大人な音楽〉としても十分に楽しめます。会場に充満した和みムードが伝わってくる極上品。(田中)

インタビュー