こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

Donavon Frankenreiter

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2006年06月08日 16:00

更新: 2006年06月08日 20:04

ソース: 『bounce』 276号(2006/5/25)

文/松永 尚久

バンド・サウンドに重きを置いたグルーヴィーな新作!


  プロ・サーファーとしても活躍し、またジャック・ジョンソンらとも交流が深い……ということで、ドノヴァン・フランケンレイターを〈サーフ・ミュージックのアーティスト〉と思っている人は多いと思う。事実、そのムーヴメントを支えている人ではあるのだが、リリースされたばかりのセカンド・アルバム『Move By Yourself』は、彼の異なる一面を伝える内容となった。前作『Donovan Frankenreiter』は、ジャックが主宰するレーベル=ブラッシュファイアからのリリースであったが、本作はロスト・ハイウェイに移籍して制作された一枚。昨年の秋に行われた来日公演ではアコギではなくエレキを持ち、バック・バンドのメンバーと興奮のジャム・セッションを繰り広げていたのが印象的だったが、今作ではその空気感がダイレクトに伝わるエネルギッシュでファンキーな仕上がりとなった。

「前作を作る時に僕にあったものは、アコギと曲だけだった。当時僕にはバンドがなかったし、ライヴの経験もそれほど多くなかったからね。でも前作をリリースした後にバンドを従えてプレイするようになって、僕は成長したというかさ。バンドとして音作りを考えられるようになったんだ」。

 以前からバンド・スタイルに興味があり(実際メジャー・デビュー前はドノヴァン・フランケンレイターズ・バンド名義で活動していたことも)、「今回の表現方法は理想的なカタチだ」と充実感たっぷりの表情で語る。

 また、本作にはアウトキャスト『Speakerboxxx/The Love Below』のミックスを手掛けて〈グラミー賞〉を獲得したニール・ポーグが参加。彼がストリングス・アレンジなどさまざまなアイデアを曲に注入し、サウンドをよりドラマティックなものにした。それがドノヴァンにさらなる充実感を与えたようだ。

「ニールは僕が伝えたかったバンド感、また元曲の持つイメージを損なわずに新しい要素を加えて、より良いものにしてくれたんだ。感謝してるよ」。

 しかし、音に広がりこそできたものの、人や自然を慈しむというドノヴァンの根本にあるピュアな思いが伝わるリリック、優しく語りかけるような歌声、そして明快なメロディー展開は、前作と何ら変わらない。心を潤すものだ。

「そうさ。歌い方とか曲に対するアプローチの仕方とか、全然変わってないよ。前作を聴いた後に今作を聴くと、僕に見えるのは、音楽的に成長したアーティスト、いっしょに楽しんでプレイできる仲間(バンド)を見つけたアーティストの姿なんだ。だから変わってない部分はいっぱいあると思う。またどちらも自分に正直に作ってるしね。僕は常に持ちうる情熱をすべて音楽に注ぎ込んでいるから」。

▼ドノヴァン・フランケンレイターの作品を紹介

インタビュー