こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2006年06月08日 16:00

更新: 2006年06月08日 20:04

ソース: 『bounce』 276号(2006/5/25)

文/池田 謙司

〈忍者〉初のシンガー・ソングライター現る!


  〈あれっ!? こんな特集で紹介されるような人じゃなかったよなぁ〉と思う人もいるかと思うが、まさにそのとおり! フィンクはその昔、ニンジャ・チューン傘下のNトーンからアブストラクトなブレイクビーツ作品を発表していた人なのだ。それが何の因果か生音でフォーキーかつブルージーな音が詰まったニュー・アルバム『Biscuits For Breakfast』をリリースした。ターンテーブルを操っていた男が、なぜアコースティックなサウンドにアプローチするようになったのか?

「エイミー・ワインハウスとの仕事で 、レコーディングとプロデュースの仕方の違いを明確に発見したんだ」。

 そして歌うことに目覚めた彼は、「マネージャーに聴かせたら、〈これはお前にとって次のステップだよ! すでにその域を越えてる感じがするね!!〉って言ってくれたんだ」とおだてられ(?)自信を深めた結果が本作に繋がったのだそう。しかしここまでガラッとスタイルを変えることに対して、かなりの葛藤があったのでは?

「50セントになりたくても同じようにはなれないのといっしょで、ブルースもそれなりのカルチャーがあってそれに入り込むのは凄く難しいんだ。だから僕はブルースをやってると思ってはいないんだけど、時折ブルースっぽい瞬間があって凄く気に入ってるんだ。そこにフォーキーなサウンドが合わさって、さらにイイ感じになってね。つまりジャンルに逆らうのではなく、自然に出てきたものを引き出すまでだよ」。

 そのサウンドの源泉には意外なアーティストからの影響も!

「ジョン・リー・フッカーはたくさん聴いたよ。彼は技術じゃなくて、その曲に与えるトーンの重要性を教えてくれた。それとコールドプレイ! バンド・スタイルでのオーガニックな感じが良かったんだよね。下手なトリックとかがなくて、ただ曲を奏でてるっていうのかな。本当はメインストリームすぎるからコールドプレイが好きだなんて言いたくないけど、凄くインスパイアされたよ」。

 しかしながら、エレクトロニックなレーベルとして知られてきたニンジャ・チューンが、こんな電気感ゼロの作品をリリースするとは勇気がある。

「僕はこれをニンジャでやりたかったから、気に入ってくれた時は本当に嬉しかったし、ホッとしたよ。正直、ニンジャに聴かせたらバイバイされるかなって不安だったんだ」。

  果たして新境地を切り拓いたフィンク。淡々と歌い紡ぐダルな風合い、心に染み入るブルーな雰囲気は生まれ育ったブリストルという街の特性からくるものなのだろう。それをアコースティックでやるところに彼の個性が浮き出ている。そんな彼に、〈いったい何をめざしているのか?〉と訊いてみた。

「そうだなぁ……強いて言うなら、フィンクからしか聴けないサウンドだね。ジョニ・ミッチェルやボブ・ディランのようなユニークなミュージシャンになりたいなぁ」。

 ターンテーブルも操れるギタリストってだけでも十分ユニークだとは思うが……。

インタビュー