こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2006年06月08日 16:00

更新: 2006年06月08日 20:04

ソース: 『bounce』 276号(2006/5/25)

文/鈴木 智彦

波乗りして、歌って、呑んで

 骨太で、生で、深い陰影があって──彼の歌とギター、音楽全体の質感にいちばん近いアーティスト、本人はあまり意識していないようで〈どうなの?〉と話を向けてもニコニコしてるだけだけど、それはベン・ハーパーなのでは?と思う。フォークでも、ブルースでも、レゲエでもない、それらの要素が交じり合ってはいても、〈ベン・ハーパーの音楽〉としか言いようのない世界。それはKeisonの音楽にもそのまま当てはまるし、歌詞が英語と日本語であるということくらいしか違いが認められない気がする。

「パードンさんのまわりには外国の人がたくさんいて、そういう人たちにKeisonを聴かせると〈誰これ? 凄くいいね〉って言ってくれる」という担当ディレクターの言葉にも頷ける。

 ジャンルレス、そしてボーダレス。国境を超えて〈漂流〉していく音楽。言葉の意味ではなく、音楽全体が発散するフィーリングに感応する、そんな人たちが口コミで伝えていく言葉は〈Keisonって知ってるかい?〉。そして当の本人は、そうやって彼の音楽と出会った人たちのいる場所へいつだってフラリとお酒を呑みながら歌いに出掛けて行くのだろう。それは、ひとりだけのサーフ・ロック・トリップ。「波乗りして、歌って、呑んで」その繰り返し。たまに曲が出来たらレコーディング。でもそのレコーディングも、「Magnoliaといっしょにずいぶん久々のレコーディングをしたんだよね。バンドで最初に音を録ってたんだけど、それが思ったより早く終わっちゃったから、後はみんなで酒呑みに行って……(笑)」。

 こうして自然と沸き上がったKeisonからの贈り物が、音楽としてここにある。しかも、8mmカメラで録ったDVD付き。そこにも彼は、そのままの姿でそこにいる。アルバムでは聴けない「カセットに録り溜めていた」音楽がバックで流れてる〈漂流〉の映像記録。きっとあなたもいますぐ旅に出たい衝動に駆られてしまうだろう。Keisonの音楽を持って、ひとりだけのサーフ・ロック・トリップ、〈漂流〉の旅へ。

インタビュー