こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

DISCOGRAPHIC WATARU TAKADA

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2006年05月18日 11:00

更新: 2006年05月18日 20:28

ソース: 『bounce』 275号(2006/4/25)

文/ワダ マコト

高田渡を知るための7枚

『高田 渡/五つの赤い風船』
URC/avex io(1969)

  デビュー作にしてURC最初の1枚は、五つの赤い風船とのカップリングのライヴ盤。防衛庁がキャンペーン・ソングにと言ったという皮肉な逸話のある“自衛隊に入ろう”など、シニカルでユーモラスな高田の姿勢がなんとも痛快。ハリのある声と力強いギターに若さが漲っている。

『ごあいさつ』
キング(1971)

  はっぴいえんどがバックで参加したアルバム。山之口貘などの詩人の作品を歌に乗せるという手法で残された名曲の数々は、のちのちライヴでも重要なレパートリーとなった。自作詞の“コーヒーブルース”を聴いて、京都のイノダ・コーヒーを訪れた人は数え切れない。

『系図』
キング(1972)

  今作でも、金子光晴など詩人の作品を取り上げているが、さらに渋くシリアスな曲が多い。言葉の重さ以上に、シンプルな音ゆえに高田のフィンガー・ピッキングの素晴らしさが際立つ。武蔵野タンポポ団のジャグ/ストリングス・バンド・サウンドとの温かいやりとりにも注目。

『FISHIN' ON SUNDAY』
徳間ジャパン(1976)

  細野晴臣、中川イサトらと共にLAで録音されたアルバム。まるで料理される自分を楽しむような、リラックスした雰囲気が素敵だ。表題曲は、いかにもなヴァン・ダイク・パークスの手によるトロピカルなサウンド。にも関わらず一向に動じないマイペースな高田がカッコイイ。

『ヴァーボン・ストリート・ブルース』
フォーライフ(1977)

  バンジョーやマンドリン、管楽器も入ったヒルトップ・ストリングス・バンド名義での作品。メンバーとも息の合った、ジャズやジャイヴを思わせる陽気でカラフルな世界を聴かせてくれる。日本にもこんな素敵なアコースティック・スウィングが、ずっと昔からあったのです。

『ねこのねごと』
徳間ジャパン(1983)

  平井堅から遡ることウン10年。高田が弾くオートハープの音色も軽やかに“おじいさんの古時計”で始まる83年作。しかし以降は、凄みを増した歌声(酒焼け?)でズシリと、だけど心地良く響く鼻歌ちっくな名曲が続く。盟友・佐久間順平はじめ名手によるバッキングも素晴らしい。

『渡』
徳間ジャパン(1993)

  鈴木慶一プロデュースによる、シンプルなフォークはもちろん、ニューオーリンズR&B調やワルツまで、高田の新たな面を引き出した意欲作。どの曲も頑固さと優しさが滲み出ている。“生活の柄”が圧倒的だが、TVCM曲“ホントはみんな”もまたスタンダード的味わいのイイ曲。

OTHERDISCOGRAPHIC
ALBUM
『汽車が田舎を通るそのとき』(1969)
『石』(1973)
『貘』(1999)
『タカダワタル的』(2004)

COMPILATION
『高田渡アンソロジー』
...and more!

インタビュー