こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

GREAT LIVE PERFORMANCE 歌い、語り、酔っぱらう――その素晴らしきライヴ・パフォーマンスの数々

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2006年05月18日 11:00

更新: 2006年05月18日 20:28

ソース: 『bounce』 275号(2006/4/25)

文/加賀 龍一

 高田渡の醍醐味と言えば、やはりライヴだろう。ブルース・ピアニストのチャンピオン・ジャック・デュプリーに影響を受けたと言われる、演奏とMCがほとんど一体になったかのような、あの独特の流れはスタジオ・アルバムでは決して味わえないだろう。そこで、ここでは高田渡のライヴ映像を中心としたDVDを紹介しよう。

 まずは中川イサト、中川五郎、佐久間順平、シバなどお馴染みの盟友を集め、京都の〈磔磔〉にて行われたライヴの模様を収めた〈伝説のフォークライブシリーズ Vol.1〉。気心の知れた仲間たちとの円熟のパフォーマンスはもちろんのこと、名曲“コーヒーブルース”の舞台でも知られる京都は三条の〈コーヒー・イノダ〉でのインタヴューも収録。お次は逆に、ひとりで弾き語る〈ROOTS MUSIC DVD COLLECTION Vol.2〉。スタジオでのアンプラグド・ライヴというスタイルが曲の良さを際立たせている、弾き語りだからこそ、〈ちゃんと弾いている〉ギター・プレイ(これが本当に上手い!)がクッキリ確認できるカメラ・ワークも嬉しい。ここでのインタヴューも、〈“自衛隊に入ろう”の後日談〉や彼自身が選ぶ〈これはいらないもの〉という興味深いエピソードが満載だ。

 そして、〈動く高田渡〉の決定版といえば、現在の再評価のきっかけとなったドキュメンタリー映画「タカダワタル的」だろう。下北沢の〈ザ・スズナリ〉でのライヴを中心に、ご存知吉祥寺の〈いせや〉や自宅での宴会の風景など、彼の日常150日間をリアルに追った映像作品である。どの作品も、それぞれ異なった彼の側面を知ることができる入口として、ぜひともチェックしてほしいDVDである。

▼高田渡のライヴを収録したDVDを紹介

インタビュー