こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

高田 渡

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2006年05月18日 11:00

更新: 2006年05月18日 20:28

ソース: 『bounce』 275号(2006/4/25)



〈乗るんだよ、電車によ/仕事にありつきたいからさ〉。そう言って彼はふらりとやって来ては歌を歌い、そしてまたどこかへふらりといなくなってしまった。あるときは言葉巧みに社会を射抜いた流浪の吟遊詩人として、またあるときは吉祥寺を根城とする酔いどれオヤジとして……。ここ数年の再評価はイメージばかりが先行してしまっているが、ひとりの音楽家としての彼について、果たして我々はどこまで知っているんだろう? だから今こそ語るんだよ、彼のことをよ――。

インタビュー