こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ローリング・ストーンズをめぐるロックンロール魂が、世界に大きな輪を作る!

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2006年05月11日 12:00

更新: 2006年05月11日 19:50

文/北爪 啓之、久保田 泰平、ダイサク・ジョビン、出嶌 孝次、冨田 明宏、山西 絵美

ローリング・ストーンズをめぐるロックンロール魂が、世界に大きな輪を作る! その1

BILLY PRESTON
『Live -European Tour』
 A&M(1974)

  ビートルズ『Let It Be』への参加も有名なビリー・プレストンだが、もちろんストーンズとの関係も濃密。今作はストーンズの前座として登場した彼の、メインを食ってしまうほどにハイテンションな灼熱ファンクが楽しめるライヴ盤! バックのギターはミック・テイラーが担当。(冨田)

PRIMAL SCREAM
『Give Out But Don't Give Up』
 Creation(1994)

  ジミー・ミラーを案内役にした『Screamadelica』で始まったストーンズ巡礼の旅は、今作でいっそう深化。T-BOLANの孫パクリも忘れられない(?)骨太なロック・チューン“Rocks”を聴くと鼻腔が砂糖で満たされるかのよう。骨太ロックへの回帰も囁かれる新作はどうなる?(出嶌)

CARLY SIMON
『No Secrets』
 Elektra(1972)

  ジェイムス・テイラーの元奥様として知られるが、結婚前にはミック・ジャガーと浮き名を流したことも。そんな縁からか、ここに収録された大ヒット曲“You're So Vain”のコーラスではミックが客演。なお本作には新婚直後のジェイムスも参加。あぁ、大人の関係って複雑。(北爪)

VELVET UNDERGROUND & NICO
『VelvetUnderground & Nico』
 Verve(1967)

  モデルであったニコはブライアン・ジョーンズの計らいもあって歌手デビューし、NYにアンディ・ウォーホル詣でをしたストーンズはそこでヴェルヴェッツと出会うなど、交流のあった両バンド。『Some Girls』以降の諸作での猥雑なNYの描き方はまるでヴェルヴェッツみたい。(ジョビン)

DR. JOHN
『The Sun, Moon & Herbs』
 A&M(1971)

  ストーンズのアルバムにも参加するアメリカ南部の雑食音楽(ガンボ・ミュージック)=スワンプ・ロックの首領ドクター・ジョン。このロンドン録音作にはミックも参加しているが、ストーンズのディープ・サウス嗜好(志向)にはかなりこの男からの影響もあったのでしょう。(ジョビン)

西郷輝彦
『ゴールデン☆ベスト』
 クラウン 

  73年1月のストーンズ来日中止を嘆いたのは、〈ワイルドな17才〉のキャッチで売り出し中の西城秀樹でも、永ちゃんがいたキャロルでもなく、元祖御三家の西郷輝彦だった。“ローリング・ストーンズは来なかった”と題しておきながら、曲調はサンタナですけど。(久保田)

NEW YORK DOLLS
『New York Dolls』
 Mercury(1973)

  60年代のストーンズ流ロックンロールを、よりラフに、よりスピーディーに、より猥雑に昇華し、さらにストーンズに欠けていた(別に問題はないんだが)煌びやかなルックスを加味した結果、元祖パンクと相成った稀有のバンド。ジョニー・サンダースは〈ひとりキース&ブライアン〉の如し。(北爪)

ROXY MUSIC
『Siren』
 Virgin(1975)

  ジャケで海の妖精=サイレンに扮しているのは、当時ブライアン・フェリーの恋人だったジェリー・ホール。しかしフェリーがツアーで家を留守にしている間に、ジェリーはミック・ジャガーと姦通、その後結婚してしまうのである! 哀れなフェリーは〈寝取られ男〉の代名詞的存在に。(冨田)

ブルーハーツ
『THE BLUE HEARTS』
 メルダック(1987)

  ヴォーカリストとギタリストの2ショットが様になるバンドも、昨今はめっきり少なくなってきましたが、言われてパッと思い出せるのはヒロト&マーシーかミック&キースかってところじゃないっすか? この2組、ヴォーカリストの舌使いやギタリストのアクションもイイ勝負!(久保田)

VARIOUS ARTISTS
『Bossa N' Stonese The Electro-Bossa Songbook Of The Rolling Stones』
 PMB/Dro Atlantic(2005)


  例の右寄りなジャケットに疼いた女子たちがボッサ・アレンジでストーンズ・ナンバーを甘々カヴァー。参加アーティストの知名度は低いながらも、吐息のようなエロ声が満載で、これには本家もニンマリ?(山西)

記事ナビ

インタビュー