こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

レゲエ/ジャマイカへ急接近!

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2006年05月11日 12:00

更新: 2006年05月11日 19:50

文/山西 絵美

 ストーンズがレゲエ好きというのは有名な話。自身のレーベルからピーター・トッシュのアルバムをリリース&USツアーの前座に起用したり、『Black And Blue』でエリック・ドナルドソンの“Cherry Oh Baby”をカヴァーしたり、『Undercover』にダブの技法を採り入れた“Feel On Baby”を収録したり、『Dirty Work』ではハーフ・パイントの“Winsome”をジミー・クリフと共にカヴァーしたり(“Too Rude”がそれ)……と例えを挙げればキリがない。ことキースにいたっては、実際にジャマイカへ移住し、ソロ・シングルのB面でジミー・クリフの“Harder They Come”をカヴァーしたほか、マックス・ロメオやブラック・ユフル、ジギー・マーリーの作品にも顔を出している。近年でもトゥーツ&ザ・メイタルズのセルフ・カヴァー集『True Love』(2004年)に参加してることからもわかるとおり、キースに灯ったレゲエの炎はいまもなお燃え続けているのだ。

▼文中に登場したアーティストの作品を紹介

記事ナビ

インタビュー