こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ローリング・ストーンズという名のもとに集まった大人気ない大人たちのソロ・ワークス!

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2006年05月11日 12:00

更新: 2006年05月11日 19:50

文/久保田 泰平

MICK JAGGER


43年生まれ。父親が体育教師だったこともあり、少年時代のミックはもっぱらスポーツに親しんでいたという。彼が引き締まったお尻でいまなおパワフルなパフォーマンスを続けられるのは、少年時代から培われていたフィジカリズム・パワーあってのこと。そんなミックはストーンズの象徴的存在であるだけに、課外活動も地味には終わらない。85年のファースト・ソロ・アルバム『She's The Boss』は、ナイル・ロジャース、ビル・ラズウェルといった旬のプロデューサーを迎えて制作され、翌年発表のストーンズ『Dirty Work』よりもハデな印象を与えたもの。以降、87年に『Primitive Cool』、93年に『Eandering Spirit』、2001年に『Goddess In The Doorway』と発表しているが、近作はハデさよりも滋味深さを重視したような作風になっている。

▼ミック・ジャガーの作品を紹介

記事ナビ

インタビュー