こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ローリング・ストーンズを知るための必要不可欠盤!

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2006年05月11日 12:00

更新: 2006年05月11日 19:50

文/北爪 啓之、ダイサク・ジョビン、出嶌 孝次、冨田 明宏

DISCOGRAPHY

ローリング・ストーンズを知るための必要不可欠盤! その1

『Sticky Fingers』
Rolling Stones/Virgin(1971)

  みずからが立ち上げたレーベルからの記念すべき第1弾。レーベル移籍の火種ともなった注目のアートワークは、アンディ・ウォーホルによるインパクト大な横チン・ファスナー! 男なら誰だって憧れる。内容もまた然り。転石式黒人流儀ロックの大博覧会にして、70年代のストーンズを聴くならまずここからと声を大にして宣言したい、文句なしの傑作!(北爪)

『Exile On Main St.』
Rolling Stones/Virgin(1972)

  前3作でのアメリカン・ルーツ・ミュージック血肉化作業により、自分たちのオリジナリティーを明確に把握して大いに自信をつけた彼らが、その勢いのまま完成させた充実の濃厚盤。ロックンロール、ブギー、ブルース、ジャイヴ、ゴスペル、ソウル、カントリーなどディープ・サウスなテイストの全18曲が、妖しくくぐもった音像で危険に迫ってくる様がとにかく圧巻。(ジョビン)

『Goat's Head Soup』
Rolling Stones/Virgin(1973)

  あの“Angie”が入っているアルバム、っていう印象以外はワリと影薄めだけど、個人的には〈ギター・スリンガー〉ことジョニー・ウィンターがかっこ良すぎる“Silver Train”が大好き! タイトルは当時メンバーが傾倒していたヴードゥー教からの影響で(ジャマイカ料理の名前から拝借したという説もアリ)、ジャマイカで録音された美しいサウンドが特徴。(冨田)

『It's Only Rock'n'Roll』
Rolling Stones/Virgin(1974)

  皮肉と自嘲と自信の表れというのか、なんにせよストーンズだからこそ付けられたアルバム・タイトルも秀逸。とはいえ、そんな気合い十分のタイトルとは裏腹に、良い意味で肩の力を抜いたポップ&メロウなナンバーが多くて妙に和む。そのハズシっぷりがまたストーンズ的。ミックとキースの双頭体制に嫌気が差した(?)ミック・テイラーの最後の参加作品でもある。(北爪)

『Black And Blue』
Rolling Stones/Virgin(1976)

  ビリー・プレストンやミック自身などによる鍵盤の活躍が目立つ、ファンクにレゲエにハード・ロックにジャズにソウルにとやたら振り幅の広い一枚。ファンクが視野に入っていたからか、どの曲もヘヴィー&タイトでアタックの強いリズムに、シャープでクリアなミックスが施されている。アルバムとしてのトータル性は薄いが、1曲ごとにじっくりと楽しめる出来映え。(ジョビン)

『Love You Live』
Rolling Stones/Virgin(1977)

  ロン・ウッドが正式加入して初となる作品なので、彼のファン、特に渋めのギター・プレイがお好みの通なストーンズ・ファンから絶大な支持を集める大熱狂のライヴ盤。サポートにはビリー・プレストン、オリー・ブラウンも参加。憧れのマディ・ウォーターズが得意としていた“Mannish Boy”で聴かせるミックのシャウトと、キースとロニーの掛け合いがたまらない!(冨田)

『Some Girls』
Rolling Stones/Virgin(1978)

  パンクやディスコといった新しい嵐が吹き荒れるなか、それらへの彼ら流返答ともいうべきエネルギー漲る熱き一枚。ディスコにアプローチした大ヒット曲“Miss You”や、ミディアムなソウル・ナンバー、そして呑気なカントリー・タッチの曲もあるが、歪んだギターが荒々しく暴れまくる、ラフでワイルドなロックンロール~リズム&ブルース曲たちがとにかく凄まじい迫力!(ジョビン)

『Emotional Rescue』
Rolling Stones/Virgin(1980)

  ミックが全編ファルセットで聴かせるダビーな変態ソウルの表題曲とマックス・ロメオも参加したディスコ・ファンク“Dance(Pt.1)”は80年代ストーンズの最高峰だ。一方、曲調自体は古臭いはずの“Summer Romance”なども巧みなミキシングで近代化されており、制作がコンパス・ポイント録音で始まったという出自にも納得。楽曲単位じゃなく、その音像をいまこそ評価すべき。(出嶌)

記事ナビ

インタビュー