こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

最先端を走るアーティストたちとの華麗なる共演!

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2006年04月13日 12:00

更新: 2006年04月13日 20:08

ソース: 『bounce』 274号(2006/3/25)

文/冨田 明宏

 いかにしてストーンズはロックンロールの標準化と進化を同時に担ってきたのか。その要因のひとつに、優れたアーティストとの共演/共同作業というものも含まれているのではないだろうか。そういった動きがこの時代には顕著に表れている。DVD化されて話題となった「Rock And Roll Circus」でもザ・フー、ジェスロ・タル、タジ・マハールなどと共演しているし、『Let It Bleed』ではアル・クーパー、レオン・ラッセル、イアン・スチュワート、ジミー・ミラー、バイロン・バーラインなど、当時の最先端技術を持ったアーティストをふんだんに起用している。なかでも準メンバーと言われ、ストーンズのメロウな部分を引き出したニッキー・ホプキンスや、キースが嫉妬しながらも絶大な影響を受けたライ・クーダーの参加は重要だ。ただ転がるだけでは石は輝かない。刺激し合う相手とその技、センスの錬磨で、ストーンズは輝きを持続させていったのだ。

▼文中に登場したアーティストの作品を紹介

記事ナビ

インタビュー