こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2005年11月10日 16:00

更新: 2005年11月10日 18:19

ソース: 『bounce』 270号(2005/10/25)

文/bounce編集部

クリエイター/DJたちに訊く〈私が考える、踊るジャズ〉

Simon S from Break Reform

THE FIVE CORNERS QUINTET 『Chasing The Jazz Gone By』 Ricky Pick(2005)

  まるで50~60年代のブルー・ノートの名盤みたいな音だけど、実際には現代のヘルシンキから出てきたグループだ。個々の演奏が本当に上手いし、才能があるし、そのうえまとまっている。伝説的なマーク・マーフィーが3曲で歌っている。

VARIOUS ARTISTS 『Blue Note Revisted』 Blue Note(2004)

  ブルー・ノートの名曲リミックスが入った素晴らしいコンピ。現代を代表するプロデューサーやリミキサーたち……マッドリブ、Kyoto Jazz Massive、バグズ・イン・ジ・アティック、J・ディラらが参加している。オリジナルのムードを残しながら各自がまったく違うアプローチを行った、ここ数年のベスト・リミックス・アルバムだ。

SUN RA 『Sleeping Beauty』 Saturn(1979)


  どれだけサン・ラーの音楽が美しかったかということがわかる作品だ。タイトル曲ではシンプルなヴォーカルとスピリチュアルな演奏が愛らしいループと融合している。彼のアルバム中でも1、2を争う傑作だね。

VARIOUS ARTISTS 『Inside Scandinavia』 Raw Fusion(2003)

  ポヴォ、ファータイル・グラウンド、ユッカ・エスコラといったニュー・ジャズの大物の未発表曲も収録したスカンジナヴィア産の興奮すべきコンピ。70年代の曲を思わせる以前にエッジがあるんだ。ホントにオススメだよ。

Simon S from Break Reform

  ブレイク・リフォームのリーダー/サウンド・クリエイター/DJ。クールなヒップホップ・ビートとジャズメンの演奏、ダブの意匠を幻想的に融合させたサウンド構築で〈まったく新しいジャズ〉として評価を得ている。最新作は今年リリースしたブレイク・リフォームのオリジナル・セカンド・アルバム『Reformation』(Abstract Blue)。

インタビュー