こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

キーワードでキャッチする、今年のUKムーヴメント!

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2005年10月06日 13:00

更新: 2005年10月06日 19:41

ソース: 『bounce』 269号(2005/9/25)

文/加賀 龍一、山西 絵美

RHYTHM FACTORY:ロンドンっ子を唸らせるライヴハウス。〈でも遊びに行くには遠すぎて……〉というキミは、ベイビー・シャンブルズなどのライヴ音源が収録された『Bring Your Own Poison(Live At The Rhythm Factory)』(Snapper)でその熱気をチェック。(山西)

NME:UKロック・シーンを牛耳る最有力音楽雑誌。ここでの賛辞がブレイクへ直結!? フューチャーヘッズやカイザー・チーフスも表紙を飾ってます。(山西)

UK LOUD:USに押されがちなUKのパンク/エモ・シーンですが、フューネラル・フォー・ア・フレンドあたりの出現から雲行きは明るくなってきました。なかでもファストレーンやのスルー・サイレンス、マイ・オーサム・コンピレーション『Actions』(Bravestar)あたりがオススメ。(山西)

CANADA SCENE:US、UKに次ぐロック第三の大国。アーケイド・ファイアの『Funeral』(Merge)をはじめ、USのダイナミズムとUKの繊細さを兼ね備えたサウンドが主流。UKでも大ウケです。(加賀)

七三分け:マキシモ・パークやレイクスなど、イケてるバンドの鉄則はなんといっても七三分け! 近いうち日本でも流行るかも!?(山西)

VETERAN BAND:新人勢がシーンを賑わすなか、ヴェテランだってがんばってます。昨年にはモリッシーが7年ぶりの新作『You Are The Quarry』(Sancutuary)を発表。また今年に入りスウェードの黄金コンビが新バンド=ティアーズを結成し、『Here Comes The Tears』(V2)をリリース。(山西)

FIERCE PANDA:コールドプレイやトラヴィスも在籍した、新人バンドの登竜門的レーベル。ここでリリースすると、高確率でブレイクする保証書付き。ロゴがかわいい。(加賀)

POET PUNK:マキシモ・パークを筆頭とした新感覚ムーヴメント。ポール・エプワースのプロデュースによる鋭いギターと無機質なビートが特徴的!(加賀)

US SCENE:最近ではキラーズ『Hot Fuss』(Island)やブレイヴァリー『The Bravery』(Isla-nd)などを中心とした、〈UK臭のするUSサウンド〉が絶賛急増中。とりわけ上記2バンドの舌戦は、揉めごと好きなUKっ子の大好物。(加賀)

夏フェス:日本の夏の風物詩とも言える〈夏フェス〉。今年の〈フジロック〉〈サマソニ〉にも多くのUK新人バンドが押し寄せました。来年は誰が来てくれるのか楽しみ!(山西)

EDWIN COLLINS:名選手から名監督に変身した代表格。最近ではリトル・バーリーやクリブスのプロデュース業でも高い評価を受けている。なお、選手時代のプレイヤーぶりもチェックしたいという欲張りなキミには、オレンジ・ジュースの初期レア曲が満載された編集盤『The Glasgow School』(Domino) を!(山西)

LYRICISM:アクアラングやコールドプレイなど、UKに脈々と受け継がれている叙情派の流れ。最近でもサーティーン・センシズやエンジニアーズが着実にその血を継承しているようです。(山西)

MOSHI MOSHI:ブロック・パーティーも在籍していた新進レーベル。ファンズ・オブ・ケイトやニュー・ローズなど、今年の下半期以降を沸かせるバンドが待機中。名前がかわいい。(加賀)

NEW WAVE:現在ほとんどのUKバンドにとっての〈原材料〉。おかげで(?)ジョイ・ディヴィジョンやXTCなどの再評価運動が高まっている。ニューウェイヴを知らない若者よ、まずはジョイ・ディヴィのベスト盤『Substance』(Qwest)を聴きなさい!(加賀)

インタビュー