こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2005年10月06日 13:00

更新: 2005年10月06日 19:41

ソース: 『bounce』 269号(2005/9/25)

文/bounce編集部

炎の如く燃え盛るイングランド南部のニューカマー!

各チーム(バンド)への質問
(1) 自分たちの持ち味は?
(2) バンドをサッカーのポジションに例えるとするならばどこ?
(3) 好きなチーム/選手は?
(4) 自分たちの街自慢をしてください!

HARD-FI
  ファースト・アルバム『Stars Of CCTV』が新人にしてUKチャート初登場6位。ここ日本でも輸入盤のみにも関わらず各メディアが絶賛し、いきなり来日も決定!──となんだかすごい状況になってきたウェスト・ロンドン出身のクラッシュ・チルドレン4人組=ハード・ファイ。ロック、パンク、ソウル、ディスコ、スカ、ハウス、レゲエといった多くの要素を挑戦的に採り入れて、それらをクールなビートに絡ませていくサウンドは、踊れるロックの金字塔。なにより彼らの最大の武器は天才的なメロディーライン。UKロック界の大物の証である(?)ゲジ眉の持ち主、リチャード・アーチャーが哀愁たっぷりのメロディーで歌い上げる労働者階級の刹那に涙腺崩壊。実は彼ら、99年にコンテンポというバンド名でミック・ジョーンズのプロデュースのもと一度デビューをしているんです。すでに新人としてはかなりのキャリアと経験があり、ズバ抜けたクォリティーの高さにも納得ですね。上記のグラフも全体的にバランスが良く、しかも高得点! 踊って泣ける圧倒的なグルーヴ・ロックの発明は間違いなく2005年最大の事件です。(白神篤史)

ROOSTER
  ルックスの満点評価には、誰しも納得のはず。しかしこのバンド、イケメンすぎるのが難でもある。そのせいでズバ抜けた演奏力と、70年代のダイナミックなロックンロールを正しく現在に蘇らせる個性的な音楽性が、きちんと評価されていないのではと気になったりもして……。なにしろこの4人組、一度でもライヴを観ればわかるように演奏の上手さといったらハンパではない。10歳のときにエリック・クラプトンのライヴを観てギターに目覚めたルーク・ポタシュニック(ギター)は、フレージングもロマンティックなトーンの美しさも技術も、同世代の他のギタリストの追随を許さない。で、力強い出音ゆえに一歩間違えればベタなロックになるのだが、リズム隊がふわりと空間的なビートで現代風に転換させる様が最高。加えて、太くハスキーなヴォイスを持つニック・アトキンソン(ヴォーカル)の、気合いの入った煽り具合はミック・ジャガー級だ。彼らの書く曲は、ドライヴ感を活かしながら気持ちを昂揚させてゆくエネルギッシュさを宿している。守備力も持久力も5点満点、久しぶりにスタジアム級の会場を魅せるポテンシャルを内包したバンドの登場だろう。(妹沢奈美)

BLOC PARTY
  彼らがそこいらのひよっ子バンドとは違う点、それは明確な独創性の打ち出し方なんじゃないだろうかと思う。彼らは4人お揃いのタイトなスーツを着てステージに立ったりはしない。以前ケリー・オケレケ(ヴォーカル/ギター)にインタヴューした時、〈ニューウェイヴ・リヴァイヴァル〉〈ポスト・パンク〉などの枠に押し込められることに、「フラストレーションを感じる」とハッキリ言っていた。完璧なオリジネイターは現在のシーンには存在しない。が、ロック50年の歴史のなかにばら撒かれたさまざまなマテリアルを第六感で選び取り、独創的な発想で現代版にアップデートできるヤツらにはそうそう出会えない。で、その最先端に位置しているのがこのブロック・パーティーなのである。ルックスも好評価。なるほど、全員えらく細いし身長も高い。体毛も絶対に薄そうだ。攻撃力の高さはいまさら説明するまでもないが、平均点に収まってしまった持久力は彼らの奏でる考え抜かれたかのような音の感じがスポーツと言うよりも数学的だからか!? 将来性の高さは次作への期待値と見ていい。UK本国での爆発的な人気も踏まえたうえで、今シーズンの最有力優勝候補に挙げて間違いないだろう。次なるアクションにも期待大だ! (冨田明宏 ※bounce.com構成)

(1)「ダイナミックなドラム! そして歌少し」(マット・トン、ドラムス:以下同) 
(2)「僕はゴールキーパー。他のメンバーがそれぞれプレイしやすくするような! ゴードン(・モークス、ベース)はレフト・バック。ラッセル(・リサック、ギター)はストライカー。奇妙なクロスパスを求めてくるようなね。そしてケリー(・オケレケ、ヴォーカル/ギター)はミッドフィルダーかな。つまりブロック・パーティーは戦力的に見てもバランスの取れたチームってわけ」 
(3)「バンドの中でサッカーが好きなのは僕だけだよ。好きなチームはAFCボーンマス。好きな選手はスティーヴ・フレッシャー。彼はもう10シーズンくらいこのチームでプレイしてるんだ。毎シーズン、9ゴールくらい挙げているよ」 
(4)「ビーチがある。そんなところかな」

BABY SHAMBLES
  いったいピート・ドハーティはこの先どこに向かっていくのだろうか。ロンドンの未来であったリバティーンズから『The Libertines』(2004年作)という世紀の大傑作を残して去ったピート。その後、ベイビー・シャンブルズという新バンドからリリースされた“Killamagiro”と“Fuck Forever”という2枚のシングルで聴けるのは、リバティーンズで苦楽を共にした盟友=カール・バラートという精神的支えの欠落を、良い意味でも悪い意味でも感じさせる自由奔放なサウンドだった。〈殺傷力〉という言葉が相応しい傷だらけの楽曲に、そのなかでいたぶられヘロヘロになっちまったピートのヴォーカル。そこには運動神経バツグンの天才児が吐露した栄光と絶望が詰まった、痛々しくも美しく、そしてなにより愛しい決壊ギリギリの人間味に溢れる音がこれでもかというくらい詰め込まれている。ここまであからさまな歓喜や苦悩がじかに伝わってくるサウンドは、ベイビー・シャンブルズ以外に見当たらない。破天荒な言動ばかりが取り沙汰されているが、それを抜きにしてこの強烈なロックンロールを体験してほしい! 現在バンドはファースト・フル・アルバム完成間近、あるいは解散という2つの説がメディアの間で飛び交っているが、そこにはかつてピンク・フロイドを率いて、同じくバンドを去っていったガラスの天才=シド・バレットの姿が嫌でも重なってしまう。やがてバレットは破滅してしまうが、ピートにはその末路までダブってほしくない、そう願うばかりである。 (加賀龍一)

DUSTINS BAR MITZVAH
  「〈リバティーンズは、ラフトレードがストロークスに対抗するためにルックスのイイ連中を4人集めた寄せ集めバンドだった」という最近のピート・ドハーティの発言には(嘘か誠かは別として)驚いたが、これでリバティーンズの無期活動休止は限りなく解散に近づいてしまったのかと思うと泣けてくる……、そんなあなたにぜひとも紹介したいのがウェスト・ロンドン出身、20歳そこそこの悪ガキ4人組。〈現在もっともリバティーンズに近い存在〉という最大の賛辞を浴びている彼らの名はダスティンズ・バー・ミッツヴァー。御大アラン・マッギーが彼らをフェイヴァリット新人に挙げて、ポップトーンズ主催のイヴェント〈デス・ディスコ〉にもレギュラー出演中。すさまじく攻撃的な暴走パフォーマンスで、熱狂的な支持を受けている。さらに〈ネクスト・ブレイク探知機〉の異名を取るBBCラジオの超人気DJ=スティーヴ・ラマックも大のお気に入りというから、彼らのヤバさを理解していただけるはず。めちゃくちゃキャッチーな泣きのメロディーとチープでスリリングなヘロヘロ・パンク・ロックと、いかにもやんちゃそうなルックスも最高。本物のロックンロールとの出会いは彼らの傑作デビュー・アルバム『Dial M For Mitzvah』のなかに溢れている。このバンド、間違いないです!(白神篤史)

THE RAKES
  変なバンド、といったら身もフタもないかもしれぬ。が、最近のニューウェイヴ・リヴァイヴァルのUKバンドたちの中で、彼らのライヴはズバ抜けて、(無論いい意味で)変。なにしろアラン・ドノホー(ヴォーカル)は、体操のような踊りや妙なステップなど、不思議な動きを延々と続ける。しかも、歌と共に奇声とも呼びたいシャウトが混在する。それが、ミニマルかつアグレッシヴに疾走するビートのスリリングさと相まって、得も言われぬ興奮を生み出す。ゆえに、このバンドの攻撃性における高評価は至極当然と言えるだろう。独創性がもっと評価が高くてもいいかもしれない。少なくともライヴに関しては。デビュー・アルバム『Capture/Release』をこの夏リリースした彼らのサウンドは、いわゆるニューウェイヴ・サウンドの中でも、特に規則性と繰り返しに焦点を当てている。それでいて、ギターのアルペジオや差し込むようなカッティングでの刺激を忘れず、飽きさせない。さらに、歌詞をしっかりチェックすることをみなさんにはオススメしたい。妄想や強迫観念に支配されてたり、妙に素直な面があったりして……やっぱりこの人たちは変。(妹沢奈美)

(1)「ユーモア、スタイル、そして歌詞の内容」 
(2)「アラン(ドノホー、ヴォーカル)はストライカーかな。どっちの足でもシュートできるような。マシュー(・スウィナトン、ギター)はセンター・ミッドフィルダー。正確で鋭いメロディーを供給するって意味で。ジェイミー(・ホーンセンス、ベース)はディフェンス。音の壁で敵の反撃を受け止めるような。ラッセ(・ピーターセン、ドラムス)はゴールキーパー。後ろからメンバーを支えている」 
(3)「デンマーク人のラッセ以外はイングランドのナショナル・チームのファン。いまいちばん好きなプレイヤーはウェイン・ルーニーだよ」 
(4)「僕たちの街ロンドンは、マーケットがたくさんあっていろんな文化に溢れているんだ」

インタビュー