こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ジャンルは不問、熱い血が騒ぐ特選ディスクをご紹介!!(4)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2005年08月11日 15:00

更新: 2005年08月11日 20:44

ソース: 『bounce』 267号(2005/7/25)

VICO C 『Desahogo』 EMI Latin(2004)

  レゲトンの元祖とされるスパニッシュ・ラッパー、ヴィコCの最新作。“Echale”に駆けつけたイーヴィ・クイーンをはじめ、エディ・ディーやカルチュラ・プロフェティカなどレゲトン界の重要人物がこぞって参加した構成は大御所ならでは。レゲトンの画一性に眉をひそめる向きは、ヒルベルト・サンタ・ローサとのコラボを聴いてみるといいよ。(出嶌)

TONNY TUN TUN 『Afrodiasiaco』 Karen/Universal Latino(2004)

  カリブ生まれの脳天気音楽(?)、レゲトンの従兄弟のような存在として最近再注目されているのがメレンゲ。プエルトリコ出身の若きシンガー、トニー君はメレンゲ独特のいなたいビートをいい具合に咀嚼してヒップホップやR&B、バラードに落とし込んでいく現代っ子感覚が素敵。カリブ事情もいろいろ!(佐々木)

TAINO 『Afrodiasiaco』 Platinum Bullet/Universal Latino(2005)

  アダーサの別掲作にも参加しているこのタイーノは、ラッパー/プロデューサーとして活動範囲を拡大しつつある注目株。クセのある声を活かしたラフなラップがなかなか個性的で、大量のゲスト陣(アダーサの姿も)をも余裕で押しのけている。サルサ/メレンゲ風味の自然な注入もいいアクセントとなった一枚だ。(大石)

VARIOUS ARTISTS 『Kalin -Suenos De grandeza』 Flow Music/Universal Latino(2005)


  ザイオン&レノックスらを手掛けて名を上げたDJラフィ・メルセナリオが総合制作にあたったコンピ。アウト・オブ・キー唱法の連中が多いのはシーンの特徴だが、なかでもヴェテランのドン・チェシーナ、ルミディーとの共演でも知られるスピーディーあたりは流石。トラックの出来も総じて良い。(大石)

CHRISTINA AGUIRELA 『Stripped』 RCA(2002)

  スペイン語アルバムをリリースしたこともあるこのトップ・アイドルも、セリア・クルースが目標だというラティーノの星。この2作目では現行R&B/ヒップホップに密着した音作りを聴かせているが、オーセンティックなバラードでは伝統的なコブシも覗かせる。いま世界でいちばん歌えるポップ・シンガーだと思うのだが、どうだろう。(出嶌)

BELINDA 『Belinda』 BMG Latin(2004)

  メキシコから飛び出したパワー・ポップ娘のインターナショナル・デビュー・アルバム。ペット・ショップ・ボーイズやカイリー・ミノーグ周辺のキレ者スタッフにガッチリとサポートされた抜けのいいサウンドに度胸満点のキュートな歌声がジャスト・マッチ! TVタレントもこなすという彼女、エアチェックできないのが残念っす!(佐々木)

PAULINA RUBIO 『Pau-Latina』 Universal Latino(2004)

  アイドル・グループ、ティンビリーチェ出身(=タリアの先輩!)のパウリナ・ルビオも長いキャリアながら、フレッシュな感性でもってそれを感じさせない人。旬のプロデューサーにイジられ、常に時代のド真ん中を行くサウンドに……という定石を踏んだ作りだが、やはりいちばん刺激的なのは彼女のエロいキャット・ヴォーカル!(佐々木)

CHAYANNE 『Grandes Exitos』 Sony Discos 


  大リーガー時代のSHINJOがお気に入りで、公式戦でも彼のテーマ曲としてガンガン流れていたのがチャヤンの“Torero”。この人もなかなか立派なソース顔だけど、歌声は思いのほかまろやかな薄口。この繊細さはソイ・ソース王国ニッポンでこそキチンと評価されるべきでしょう。SHINJOファッションのルーツも実はこの人……(ウソ)。(佐々木)

ADN 『Ahora Soy Yo』 Universal Latino(2004)

  中米諸国でも活躍する日本人サルサ・シンガー、NORIKOへの楽曲提供でも知られるジャスミル・マーフフォのプロデュースによる4人組ガールズ・グループ。デビューしたての〈私たち何でもチャレンジします!〉的な初々しさも爽快だが、それぞれがしっかりキャラ立ちしているので今後はソロで注目される娘も出てくるかも。要チェック!(佐々木)

インタビュー