こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ジャンルは不問、熱い血が騒ぐ特選ディスクをご紹介!!(3)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2005年08月11日 15:00

更新: 2005年08月11日 20:44

ソース: 『bounce』 267号(2005/7/25)

AVILA BROTHERS 『The Mood : Soundsational』 Thump/B-Dub/Universal(2005)

  元ラティーノ・アイドルのボビー・ロス・アヴィラとIZのユニットにして、ジャム&ルイスの知恵袋的な制作チームとしても名を馳せる兄弟のアルバム。これまでのソウルフルでアーバンな活動履歴を前面に押し出した感じで、ほぼすべて自作自演ながらもスタイルは多様。レヴェルが高すぎる!(出嶌)

DAVID WADE 『Game Recognize Game』 R&D(2004)

  これは埋もれた名作! リル・ロブへの客演で話題になったチカーノ・シンガーだが、この単独作ではいわゆる甘々なフック・シンガー的展開以上に現行R&Bのマナーに則った作風を聴かせる。やるせないスロウもスムースなアップも高水準で、フランキーJが好きならこれもバッチリのはず。ベイビー・バッシュやフロストも参加。(出嶌)

BABY BASH 『Tha Smokin' Nephew』 Universal(2004)

  長~い地下活動を経てのメジャー・デビュー・アルバム。“Suga, Suga”と“Shorty Doo Wop”の大ヒットがなければ、フランキーJのブレイクやチカーノ・ラップ人気の爆発ももっと遅くなったかも。著名曲ばかりに注目が行きがちだが、西海岸産とはひと味違うH・タウン産チカーノならではのドロドロな中毒性に酔いたい。(出嶌)

JUAN GOTTI 『John Ghetto』 Dope House/Universal Latina(2004)

  ドープ・ハウスがワーナー・ラティーナ傘下で復活したのは、ローカル・ベースを良しとしがちなチカーノ・ラップ界において事件だった。その先鋒に選ばれたのがこのファン・ゴッティのセカンド・アルバムで、苦味走ったラップとユルユルに枯れたトラックの溶け具合は凄まじくダルでロウでスウィート!(出嶌)

FAT JOE 『All Or Nothing』 Terror Squad/Atlantic(2005)

  ここ最近はレゲトン陣営との距離も縮めつつあったファット・ジョーだけに、この新作ではレゲトン曲も……という予想を見事に覆した。プエルトリカンとしての同胞=ジェニファー・ロペスのほか、R・ケリーやネリーらをフィーチャーし、時流に乗らずとも天下を獲れる底力をバッチリ見せつけた一枚だ。(大石)

AMANDA PEREZ 『I pray』 Virgin(2004)

  外見だけでは判断がつきにくいが、透明感のある歌とラップをこなし、ソングライトにも習熟した才女、アマンダ・ペレスの2作目。ここでは歌に比重を置き、前作から大ヒットした“Angel”の続きのような哀切が美しい“I Pray”など、ナタリーの“Goin' Crazy”にも通じる(というかあっちが似すぎ)純情系のスロウが次々に繰り出されてくる。(出嶌)

A.B.QUINTANILLA Y LOS KUMBIA KINGS 『Dueros』 EMI Latin(2005)

  AB・キンタニージャ3世が率いるクンビア・キングスの最新作。エル・グラン・シレンシオやオゾマトリ、シーラEら広義のラティーノ勢が団結したコラボ作品としても味わい深い。渋味と情熱が行き交う感情の起伏がありまくり。ABが亡き妹セレーナと共演した“I Could Fall In Love”の美しさたるや。(出嶌)

AKWID / JAE P 『Kickin' It...Juntos』 Headliners/Univision(2005)

  ビルボードのラテン・チャートでは常に上位をマークするヒスパニック・ラッパー、アクウィッドとジェイP。この2組がコラボではなく交互に楽曲を収録した豪勢なタッグ・アルバムが登場。強引に比べれば、刺々しい巻き舌が強烈なアクウィッドに軍配が上がるが、ユニヴィジョン盤だけあってどっちもヤルね!!(出嶌)

JENNIFER LOPEZ 『Rebirth』 Epic(2005)

  同じプエルトリカンであるマーク・アンソニーとの結婚生活も順調(?)なジェニファーは、今も昔もプエルトリカン・パワーの象徴。今作収録の“Hold You Down”(ファット・ジョーをフィーチャー)のレゲトン・リミックスも最近リリースしたばかりで、そろそろ〈本気〉の彼女が見れそうな予感(希望を含む)。(大石)

インタビュー