こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ジャンルは不問、熱い血が騒ぐ特選ディスクをご紹介!!

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2005年08月11日 15:00

更新: 2005年08月11日 20:44

ソース: 『bounce』 267号(2005/7/25)

文/大石 始、佐々木 俊広、出嶌 孝次

VOLTIO 『Voltage/AC』 Diamond/BMGファンハウス(2004)

  レゲトン界随一のソングライターとして活躍し、ラッパーとしてもクリスティーナ・ミリアンなどとの共演を果たすなど広範囲な活躍をする(フリオ・)ヴォルティオ。今作は彼のデビュー作で、エイコン“Locked Up”のヴォルティオ参加ヴァージョンも収録。そのハイ・ヴォルテージぶりがひたすら痛快!!(大石)

PITBULL 『M.I.A.M.I.』 TVT(2005)

  P・ディディと共同でバッド・ボーイ・ラティーノを立ち上げる一方、レゲトン勢との連係によってキューバ人としてのアイデンティティーもアピール……と、追い風が吹きまくるピットブル。時折スペイン語も混ぜながらクランクもダンスホールも乗りこなしたこのファースト・アルバムもいいけど、真価を発揮するのはきっとこれから。(大石)

VARIOUS ARTISTS 『Reggaeton Hunter』 Sony Discos/BMGファンハウス(2005)

  テゴ・カルデロン、ザイオン&レノックス、イーヴィ・クィーン、ニッキー・ジャム、ティト“エル・バンビーノ”……とオールスターが揃った豪華盤。やはりその声一発で空気を変えるテゴが強烈だが、その一世代下にあたるザイオン&レノックスらの奮闘も頼もしい。レゲトン界はタレント豊富なのだ。(大石)

VARIOUS ARTISTS 『Afrodiasiaco』 EMI(2005)

  何とも直球のタイトルが冠されたレゲトン・コンピが登場。ダディ・ヤンキーではなくドンDBNによる“Gasolina”カヴァーで始まるのがヒネリの効いたところ。ヴィコC、ヤガ&マッキー・ランクス、エクトール&ティト、3-2ゲット・ファンキーなどなどアルバム単位では追いきれない人にはまずオススメしたい特盛盤です!(出嶌)

THE BEATNUTS 『Milk Me』 Penalty(2004)

  トニー・タッチともデビュー以来の付き合いがあり、プエルトリカン・ラッパーの総元締め的な存在感であるビートナッツ。下品としか言いようがないジャケがサイコーなこの最近作でも、ユル~く枯れたファンク・トラックからキュートなループ系、イケイケのダンスホールまで好き勝手にぶっかけまくり。……いろんな意味で元気ですな。(出嶌)

VARIOUS ARTISTS 『Chosen Few』 UBO/東芝EMI(2004)

  ニューヨリカンのボーイ・ワンダーがプロデュースを手掛けたドキュメンタリーのサントラに日本盤が登場。映像のほうは新旧レゲトン・スターたちのインタヴューや録音風景を軸にしたもののようだが、こちらもドン・オマーからテンポまでを幅広く収録。N.O.R.E.も参戦しており、シーンの拡がりをわかりやすく伝えてくれる。(大石)

VARIOUS ARTISTS 『STREET VIBES 2』 ユニバーサル(2005)

  レゲエとヒップホップ、R&B、レゲトンをテンコ盛りにした豪勢な作りが好評だったコンピの第2弾。お馴染みダディ・ヤンキーの“Gasolina”でスタートする親しみやすい構成で、トリニ“Turn Me On”のレゲトン・ミックスやアダーサ、エリエル、グローリー、セシルなどなど前回以上にレゲトン度をアップした入口盤。(出嶌)

CYPRESS HILL 『Til Death Do Us Part』 Columbia(2004)

  トニー・タッチの『The Reggaetony Album』へのB・リアル参加はトピックだが、この本隊サイプレス・ヒルもスペイン語アルバムをリリースするなど、かねてから同胞に向けた活動を行っていたことを忘れてはいけない。レゲエ的な色合いを強めたこの最新アルバムにはテゴ・カルデロンが招かれている。(出嶌)

GLORIA ESTEFAN 『Unwrapped』 Sony(2003)

  マイアミで育ったキューバ移民であるグロリアは、全世界のラティーノたちにとって絶対的なアイコンであり続けている。全編英語詞で歌われながらも王道ポップス的な風合いを持った今作もまた、当然のようにラティーノたちからの熱烈な支持を獲得している。控えめに響くラテン系伝統楽器の音色も香ばしい。(大石)

インタビュー