こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2005年08月11日 15:00

更新: 2005年08月11日 20:44

ソース: 『bounce』 267号(2005/7/25)

文/村上 ひさし

シャキーラはフュージョンする



  ヒット中のシングル“La Tortura”を聴いて驚いた人は多いかも。シャキーラまでレゲトンをやってしまうとは、と。でも見方を変えれば世界に向けてスペイン語アルバムを放つシャキーラが、レゲトンをやんないってほうがどうかしている。それに当然ながら〈折衷文化の賜物〉であることを自負する彼女のこと、安易なレゲトンに終わるはずはなく、アコーディオンのメロディーが郷愁を漂わせ、さらにスペインのスーパースター、アレハンドロ・サンス(渋いおっさんになりました)とのデュエットという美味しいオマケまで付けてくれて大満足。既成の音楽を自分のスタイルにネジ曲げてしまうことに掛けては、やはりこの人は天才だし、ナチュラルな才能なのだと納得させられる。

「そうね、コロンビアのレバノン系移民地区で育った私としては、さまざまな国のいろんな要素を組み合わせるのは自然なことだし、フュージョン(融合)というのは私の音楽性の大切な特長のひとつ。ひとつの音楽スタイルに固執したり忠実だったり、死ぬまでそれにしがみついてるべきだっていうのは音楽業界が生み出した奇妙な教えだと思うわ。業界全体がそういう考えを押し付けようとしているだけのこと」。

  テーマやコンセプトを掲げたいアーティストが多いなか、シャキーラはニュー・アルバム『Fijacion Oral Vol.1』に関して「テーマはない」とキッパリ言い切り、「その時々に思いついた事柄やスタイルを曲にしていっただけ。私にはノーマッド(放浪者)的なところがあるから、いつも一所には留まっていられないの。ある場所にいても天候が悪くなると、すぐに違う場所に行ってしまいたくなる。ちょっと鳥みたいな性格よね」と言って笑う。スペイン、バハマ、カナダと移動してゆくなかで生まれた本作には、先にも触れたレゲトンはもとより、36人編成のオーケストラをバックにしたシナトラ風ボサノヴァからフレンチ・ニューウェイヴ、エレ・ポップまで、さまざまな風味を混ぜ込んだシャキーラ流サウンドが翼を広げる。〈スペイン語アルバム〉と謳ってはいるものの、フランス語やドイツ語まで飛び出すという野心作。それでいて口当たりはあっさり。押し付けがましかったり、力んだところのないニュートラルな感触が心地良い。世界進出を成し遂げた前作『Landry Service』や、そこからのスマッシュ・ヒットとなった“Whenever Wherever”のようなギラギラしたコマーシャル感とはまた違う、よりアーティスティックな作品とも呼べるだろう。英語からふたたびスペイン語へと舞い戻った理由を、こんなふうに語ってくれた。

「前作での私の世界的成功を、コロンビアをはじめとするラテン・アメリカ諸国の人たちはまるで自分のことのように喜び、誇りに思ってくれた。私はこのアルバムでもう一度ヒスパニックの人々と接点を築き、私自身のルーツであるところへみんなといっしょに旅してみたいの。と同時に、前作を受け入れてくれた世界にも私がスペイン語で歌うのを聴いてほしいわ。だってこれこそが私の母国語で、子供の頃から話してきた言葉ですもの」。

 世界に受け入れられるには英語が不可欠と信じる日本人アーティストが多いなか、数歩先を歩んでいると感じるのは僕だけだろうか。実際、本作はリリースと同時にラテン諸国で軒並み首位を獲得したのみならず、アメリカのポップ・チャートにおけるスペイン語アルバムの史上最高位(4位)をマークした。世界中で猛威を振るうシャキーラ旋風だが、実はまだまだ序の口。11月には本作の続編である、まったく別内容の英語アルバムがリリースを控えているというから、恐るべしシャキーラ。やっぱり英語はできたほうが得ってことかも(汗)。

▼シャキーラの関連作品を紹介

インタビュー