こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

MADLIB ──スティーヴィーはひとつの大きな存在だ

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2005年06月02日 17:00

更新: 2005年06月02日 18:46

ソース: 『bounce』 265号(2005/5/25)

文/出嶌 孝次

 イェスタデイズ・ニュー・クインテットとしてリリースした『Stevie』も名高いマッドリブ。そもそも、どうしてスティーヴィーを素材に選んだわけ?

「スティーヴィーの音楽がいちばんソウルフルだからさ。で、そのソウルフルなサウンドに対して俺が何ができるか試したかったんだ。そういった意味で彼の音楽がいちばんわかりやすかった」。

 同作は最初〈TRIPLE 5 SOUL〉のノヴェルティー用として2002年に作られ、2004年に正規リリースされたものです。

「ピーナッツ・バター・ウルフがプロモーション用に使うことを決めたんだけど、大勢の人が欲しがったから正式にリリースすることになった。でも、あれは俺が個人的に練習用に作ったアルバムなんだよ。俺が学ぼうとしてる楽器を使ってどこまで作れるかが重要だったんだ」。

 そんなマッドリブにとって、スティーヴィー最大の魅力とは?

「すべてだ。スティーヴィーはひとつの大きな存在で、パーツに分けることなんてできない。彼は常に最高だ」。

 なお、いちばん好きなスティーヴィー曲は「ありすぎるな。“Superstitions”“Too High”“Rocket Love”……」、好きなアルバムは「『Innervisions』かな」とのこと。そんな彼に最後の質問……もしスティーヴィーと1曲だけいっしょにやるとしたら何をする?

「〈俺の音楽のどこが好きで、どうしたらうまくハマりますか?〉って尋ねてアドヴァイスをもらうだろ? そしたらスタジオ入りさ。いままで聴いたことがないスティーヴィー・サウンドになることは間違いないぜ!」。

インタビュー