こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2005年06月02日 17:00

更新: 2005年06月02日 18:46

ソース: 『bounce』 265号(2005/5/25)

文/出嶌 孝次

――“Another Star”をカヴァーした理由は? 

「『Songs In The Key Of Life』はちょうど私が生まれた頃のリリースで、親がかけるたびにノリノリで踊っていたような、大好きなアルバムです。そのなかで、私のような歌手が淡々とカヴァーしても活きそうだと思ったのが“Another Star”……スティーヴィーの曲は彼の歌の個性が強力で、なかなかカヴァーの選曲は難しかったです」

――あなたにとってスティーヴィー最大の魅力とは?

「言葉。その強さにグルーヴ、メロディー、歌、すべてが引き寄せられている気がします」

――スティーヴィーの楽曲で好きなのは?

「“I Am Singing”」

――今後も彼の曲をカヴァーする機会はある?

「もう少し私がミュージシャンとして大人になれば、またやりたくなるかもしれません」

――その他に、ひとこと。

「頭じゃなくて身体と魂に響く音楽、私もいつかそんな音楽を作りたいものです!」

インタビュー