こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2005年06月02日 17:00

更新: 2005年06月02日 18:46

ソース: 『bounce』 265号(2005/5/25)

文/大石 始、佐藤 ともえ、出嶌 孝次、林 剛

MICHAEL BOLTON 『Only A Woman Like You』 Jive/BMGファンハウス(2002)

  映画「スノー・ドッグ」に使用された“As”のカヴァーは、今作の日本盤ボートラとしても収録。切羽詰まったようなギリギリ・シャウトを聴かせるボルトン様、その歌声がドラマティックすぎる!! 彼が歌うと違う曲に聴こえますね。(大石)

BEBE WINANS 『Love & Freedom』 Motown(2000)

  ワイナンズの兄たちとスティーヴィーとの絡みが活きたのか、このビービーのモータウン移籍作では、スピリチュアルな“Jesus Children Of America”をスティーヴィーのハーモニカを配してカヴァー。ハーモニカはもう1曲でも聴ける。甥っ子マリオの絡みは別掲コラムにて。(出嶌)

G.C. CAMERON 『Love Songs & Other Tragedies』 Motown(1974)

  “It's A Shame”の縁で、スピナーズのリードだったGCのソロ作にもワンダーな関与はアリ。スティーヴィー自身が手掛けた“All In Love Is Fair”のカヴァーもいいけど、聴きモノはいかにも70年代なアレンジがカッコいい“If You Don't Love Me”かな。(出嶌)

ME FIRST AND THE GIMME GIMMES 『Take A Break』 Fat Wreck(2003)

  御存知カヴァー・パンク・バンドの今作はブラック・ミュージック寄りの選曲で、スティーヴィーの“Isn't She Lovely”も軽快に熱唱。ワンフレーズの繰り返しで普通に演ったらメチャメチャ単調な原曲を曲調の変化で遊ぶあたりは巧いね~。(出嶌)

Keison『 太陽のあたる場所』 東芝EMI(2003)

  そのソウルフルな歌声に定評のあるKeisonは“A Place In The Sun”を日本語詞でカヴァー。ホロホロと揺れる〈海仕様〉のアレンジで、切なく響くハープとKeisonの歌声がイイ感じ。そういや、彼の盟友であるCaravanの“Soul Music”にもスティーヴィーの名前が登場します。(大石)

WHITNEY HOUSTON 『My Love Is Your Love』 Arista(1998)

  90年の『I'm Your Baby Tonight』には御大スティーヴィーの制作参加を仰いだこともあるホイットニー。ローリン・ヒルをプロデューサーに迎えた“I Was Made To Love Him”(原題は〈~Her〉)では、グッとファンキーな味つけでワンダーな愛を表現!(佐藤)

MARCUS MILLER 『Silver Rain』 3 Deuces(2005)

  バカテクの大御所ベーシスト、マーカス・ミラーが披露したスティーヴィー・カヴァー“Boogie On Reggae Woman”は、暴れまくるベースが全体をファンキーに揺らす豪快で痛快な仕上がり。そういえばフィッシュも同じ曲をカヴァーしてました。(大石)

THE BEACH BOYS 『Wild Honey』 Capitol(1967)

  ブライアンのぼんやり時代に他メンバーが趣味性を発揮したのか、モータウン色も濃いアルバム。独創的なコーラス・アレンジも加えてほぼリアルタイムで“I Was Made To Love Her”をカヴァー。85年にはスティーヴィーが“I Do Love You”を彼らに書き下ろしています。(出嶌)

VANESSA WILLIAMS 『Everlasting Love』 Elektra(2005)

  シンガーとして復活したヴァネッサ・ウィリアムス。ラヴソングのカヴァー集となる今作で選んだワンダー曲は“Send One Your Love”。スウィートで透明感のある彼女の歌声によくフィットしたセレクトだ。スタイリッシュなアレンジもムード満点です。(佐藤)

熱帯JAZZ楽団 『TROPICAL JAZZ BIG BAND VIII~The Covers~』 ビクター(2004)

  カルロス菅野が率いるラテン・ジャズ集団による、新録&既発のカヴァー曲を集めた変則カヴァー・ベスト。スティーヴィーの“I Wish”も大ぶりなホーンを装着してブリブリのトロピカル・パーティー・チューンに生まれ変わっています。(出嶌)

RHIANNA 『Get On』 S2(2003)

  LSKの妹として注目されつつ、それ以上のユニークな個性を振りまいて登場してきたリアナはこのデビュー作にて隠れ名曲の“I Love Every Little Thing About You”を取り上げている。日溜まりのように優しくて柔らかなメロディーをフェミニンに崩したポップな歌い口が好印象。(出嶌)

インタビュー