こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

耳で聴いたピープル・トゥリー

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2005年04月28日 18:00

ソース: 『bounce』 264号(2005/4/25)

文/内田 暁男、大石 始、ダイサク・ジョビン

フィッシュマンズを巡る音楽の果実は、ここに一本のトゥリーを生んだ

ASA-CHANG & 巡礼
『花』
Hot-Cha/2001
スカパラという繋がりもあるが、“LONG SEASON”にも参加していたASA-CHANG。彼が巡礼で花開かせた、独特で、緻密に構築された、日本的情緒を漂わす、言葉で言い表せないさまざまな感情を内包した、儚さとおかしみを感じさせる、凍り付くほどの美しさを持ったサウンドは、フィッシュマンズにも通じるもの。(ジョビン)

パードン木村
『ローカルズ』
Bleach/1999
フィッシュマンズのプライヴェート・スタジオ〈ワイキキビーチ〉の施工に大工として参加(笑)、という素敵な過去を持つ彼が発表したエクスペリメンタルなファースト・アルバムには、佐藤伸治が参加。『宇宙 日本 世田谷』のスペサン欄にも彼の名前が記されており、世代を越えた〈ユル大人〉の交流に頬が緩む。(内田)

Buffalo Daughter
『I』
東芝EMI/2001
“MY LIFE”にはシュガー吉永が参加、ムーグ山本もたびたびアート・ディレクションを手掛けるなど、フィッシュマンズとの交流も盛んだった彼ら(茂木欣一をサポート・ドラマーに迎えたこともあった)。独自の〈嗅覚〉を頼りにして異端のポップ・ミュージックを創造した両者の接近は必然的なものだったはずだ。(大石)


ARTO LINDSAY
『Mundo Civilizado』
gut/1997
切なくて甘美なメロディー&ヴォーカルとアヴァンギャルドなサウンド&ノイズを同居させるという、アンビヴァレントな方法でしか表現できないものがある。来日ライヴ後の楽屋から出てきたアートに自分の音源を手渡して話しかけていた佐藤くんは、きっとアートのそんなところに共感するものがあったんだろうね。(ジョビン)

クラムボン
『てん 、』
コロムビア/2005
ライヴでは“いい言葉ちょうだい”を、トリビュート盤では“ナイト・クルージング”をカヴァーしていた彼ら。歌と演奏のバランス感覚もフィッシュマンズから継承したものなのかもしれないが、音楽的実験を繰り広げながら、それを心撃つメロディーで包み込む魔法のような手口も共通。3人組ってところも。(大石)

曽我部恵一
『shimokitazawa concert』
ROSE/2004
トリビュート盤にも収められていたが、下北沢にて1人きりで歌われた本ライヴ盤での“BABY BLUE”カヴァーには身震いを禁じ得ない。大瀧詠一をカヴァーするなど、シンプルな歌の純度を上げていったフィッシュマンズへのもっとも説得力のある返答のひとつ。世田谷の空の下で結ばれた両者の歌に感謝(驚)。(内田)

THE CLASH
『Sandinista!』
Columbia/1980
佐藤は初期のクラッシュを愛聴していたようだが、ダブ濃度を急激に増していく中期以降のクラッシュとフィッシュマンズの歩みはどこか近いものを感じさせる。結局フィッシュマンズは彼ら流の『Cut The Clap』を発表せずに済んだわけだが。ジョー・ストラマーと佐藤は天国で……なんてセンチメンタルすぎるかな?(大石)

LABCRY
『LABCRY』
Vibeon/2003
甘酸っぱいメロディーに白昼夢的なサイケデリア、尖ったノイズ・エフェクトをまぶしたサウンドは、フィッシュマンズ同様に音楽の桃源郷へ向かう。精緻な音響構築による浮遊感と飛翔感のダイナミズムはフィッシュマンズ譲りだが、間にスライ&ザ・ファミリー・ストーンを置いてみると驚くほどしっくりこない?(内田)

インタビュー