こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

地元に根を広げるサブマージの活動 SUBMERGE NETWORK

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2005年03月24日 12:00

更新: 2005年03月24日 18:53

ソース: 『bounce』 262号(2005/2/25)

文/轟 ひろみ

 他ジャンルに比べてテクノ/ハウス系のアーティストたちはオウン・レーベルを次々に立ち上げる傾向にあるわけだが、デトロイト・テクノの範疇ではその動きが特に活発なように思われる。その結果としてデトロイトには膨大なレコード・レーベルが存在することになった。そして、URのベースにしてそのインディペンデント精神の表れでもあろうサブマージは、そういった多くのレーベルのディストリビュートを手掛ける形で、さながらデトロイト・テクノ(だけじゃないが)の元締的な役割を担っているというわけだ。ここではさまざまな意味でURと密接な関係にあるレーベルについて簡単にチェックしておく。

 どうしても12インチ・シングル中心の活動なため、ここで紹介するには限界があるのだが、DJ3000主宰のモーテックや、DJディズ(アンドリース)のEPで知られるヒプノテック、ディアスポラ、ローカル3000、トンネル7など……その数は限りない。そんななか、CDリリースにも積極的なのが、Mrディの主宰するエレクトロファンクだ。ゲットー・テック(デトロイト・ベース)の雄として来日も果たしているディだが、現在のサブマージを実質的に取り仕切っているのも彼のようで、昨年あたりからCDリリースは活発化。昨年末~年明けにかけて自身の『Renaissance』とB・キャロウェイ『Black Grooves』を連続リリースした。

 また、ホワン・アトキンスのメトロプレックス(85年設立)、デリック・メイのトランスマット(86年設立)、さらにケヴィン・サンダーソン率いるKMS(87年設立)といった、URの登場以前からシーンの流れを作ってきた先輩レーベルも現在はサブマージの流通サポートを得ていることも付け加えておこう。

▼本文に登場するアーティスト/レーベル関連作品を紹介


メトロプレックス音源を用いたミックスCD『Timeless』(Metroplex/Submerge)

インタビュー