こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2005年02月24日 18:00

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/JAM、出嶌 孝次、林 剛

いまなお輝き続ける名盤たち

ERMA FRANKLIN 『Soul Sister』 Brunswick(1970)

  アレサ・フランクリンを姉に持つ血統確かなソングストレス。しかしながら、キャリアも長い人なのに、なぜかこれというヒットには恵まれなかった不遇の女性でもある。それはアレサの影がいつもついて回ったことと無関係ではないと思うが、脂の乗っていたブランズウィック時代を聴き返せばわかるとおり、彼女には彼女にしか醸し出せない得難い魅力があった。名盤である。(JAM)

MARYANN FARRA & SATIN SOUL 『Never Gonna Leave You』 Brunswick/ビクター(1975)

  女性シンガーのマリアン・ファーラをメインに据えたグループのアルバムで、本レーベルのレア・アイテムだった一枚。“You Got To Be The One”“Stoned Out Of My Mind”などのシャイ・ライツ曲を取り上げ、マリアンの脱力系ヴォーカルでメロウに迫るあたりが何とも〈イマ受け〉しそう。自己名義作も出しているトニー・ヴァラーの曲はディスコ・モードだ。(林)

THE ARTISTICS 『I'm Gonna Miss You』 Brunswick(1967)

  カール・デイヴィスがオーケーから引っ張ってきたシカゴのヴォーカル・グループ。シャイ・ライツに先んじてブランズウィックから登場しながら、いまひとつ実績を残せなかった彼ら。だが同社からの初作となる本盤では、最大のヒットとなった表題曲を筆頭に生粋のシカゴ・ソウルを目一杯聴かせてくれる。リードのマーヴィン・スミスによるゴッツリした歌声もいい。(林)

EXIT 9 『Straight Up』 BRC(1975)

  これっきりで消えたと思われる9人編成の黒白混合ファンク・バンドで、レーベル仲間のイリミネイターズを手掛けたアロンゾ・タッカーも助力。勇壮なホーン、タイトなギター、疾走するパーカッションなどを束ねてキレのいいグルーヴを叩き出す演奏力とセンスは全員が20歳以下とは信じ難いほどだし、アップもスロウもドス黒く歌いきる白人リードもソウルフル! いまこそ聴かれるべきグルーヴィーでヤバい傑作!(出嶌)

ODYSSEY 5 『Odyssey 5』 BRC/ビクター(1974)

  ちょっと見渡しただけでも女性グループは星の数ほどいるが、ことカルテットということになると、ちょっと他例を捜すのに苦労しそうだ。アルフォンゾ・タッカーの後押しでデビューしたこのオデッセイ5はブランズウィックの傍系レーベル=BRCから74年にアルバムを1枚のみリリースしていた5人組。ハーモニーは荒削りながら、女性グループらしい華やかな音像満載の一枚。(JAM)

BARBARA ACKLIN 『Seven Days Of Night』 Brunswick(1969)

  シカゴ出身、ソングライターとしても才覚を発揮してきたバーバラ・アクリンの2作目。ディオンヌ・ワーウィックのカヴァーが3曲もあることでわかるように、品の良いソフトな歌唱法が持ち味。自作の“Here Is A Heart”でのポップな振る舞いも可憐だ。ヤング・ホルト・アンリミテッド“Soulful Strut”の歌入り版“Am I The Same Girl”もここに収録(実際はこちらが元歌だという)。(出嶌)

GENE CHANDLER 『The Girl Don't Care』 Brunswick(1967)

シカゴを代表する男性シンガーと言えばこの人、ジーン・チャンドラー。ブランズウィックでの初作となる本盤は、以前に他レーベルから出したシングル曲を交えた60sシカゴ・ムード溢れる作品で、“Nothing Can Stop Me”ほかカーティス・メイフィールド作のナンバーなどを清々しく歌い切る。力強く、時に切なく、巧みに表情を変えながらシカゴアンの粋を見せつける快作だ。(林)

STEP BY STEP 『We Always Wanted To Be In The Band』 Brunswick/ビクター(1977)

  今回リイシューされた4枚のブランズウィック作品中でも目玉中の目玉なのがステップ・バイ・ステップによるワン&オンリーのこの盤。ミルウォーキー出身の12人編成のバンドが硬軟自在に演じるレパートリーの数々にはまだ未熟ながら破天荒な勢いがある。もっぱらファンク的な側面が取り沙汰されがちなレア盤だが、バラードのほうも文句なし。快挙のCD化である。(JAM)

BOOBIE KNIGHT AND THE UNIVERSAL LADY 『Boobie Night And The Universal Lady』 Dakar(1974)

  ある種の人ならジャケ買い必至! 強烈なファンク・スメルが立ち昇るセンスも最高な、ブービー・ナイト率いる大所帯バンドの怪作。胡散臭いブービーの存在感とJB's風の演奏がいい意味でのB級感を漂わせている。ロッキッシュな“The Lovomaniacs”はグランド・マスター・フラッシュからDJシャドウまでが使い倒した定番ブレイクでもある。(出嶌)

GINJI JAMES 『Love Is A Merry Go Round』 Dakar/ビクター(1971)

  アルバムは1枚きりだが、UKではカルトな人気を持つ人。元はブランズウィック傘下のダカーからリリースされた作品だが、ブランズウィックの女性シンガーと言えばバーバラ・アクリン、そんなバーバラの路線を借りようとカヴァーも含めて確実にイメージは被る。そんななかオーティス・クレイ“You Hurt Me For The Last Time”の焼き直しなど、アっと驚く瞬間も少なくない。(JAM)

インタビュー