こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

EDITOR'S EGHOES――bounce編集部員の〈この1枚〉!!

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/bounce編集部

KIERRA KIKI SHEARD 『I Owe You』 EMI Gospel

 ゴスペル作品が入れられなかったのでここで。何度も言うけど、クワイアだけがゴスペルじゃないんで聴かず嫌いは損でしょ。で、聴かず嫌い以上に厄介な半可通を何とかするのが2005年の裏テーマ、って表はあんのか。(出嶌)

DESCENDENTS 『Cool To Be You』 Fat Wreck

 2000年以降、〈デカイ〉方向に傾いているんで、アッパー&ハッピーな彼らのアルバムがバッチリ2004年の気分! 久々にミロ・オーカーマンの声を聴いたよなーって思ったら、7年ぶりのリリースだったんだと。(武山)

LAULA 『KA MAKANI』 ジェネオン

 あくまでも個人的に沁みた一枚として。日本人がハワイアンをやる時にどうしても持ってしまいがちな力みがなくて、難しいことやってんのにリラクシン・ヴァイブスが滲み出ちゃってる。Caravanやハナレグミと併せてよく聴いてたな~。(大石)

KAYO 『三つ編みヒロイン』 風待/UKプロジェクト

 松本×細野コンビによる表題曲も最高だったけど、一番リプレイしたのはKAYOちゃん作詞作曲“僕たちの時間”。そして2004年もっとも聴いた回数が多かった楽曲は(たぶん)ZAZEN BOYS“You make me feel so bad”でした!(立野)

BEN HARPER WITH THE BLIND BOYS OF ALABAMA 『There Will Be A Light』 Virgin

 2004年の〈フジロック〉で感動的なステージを観せてくれたあの2組からスペシャルな贈り物。ルーツ云々というよりも、ただ素直に歌の力に感服! 何度もこの音に救われました。(山西)

JIN 『The Rest Is History』 Ruff Ryders/Virgin

 例えば“Get Your Handz Off”“The Come Thru”“Senorita”など、これでもかとヤバい曲の連発です。会場の一体感が凄まじかった日本でのライヴも最高でした。フレンドリーな対応にも好感。同じ東洋人として絶対聴くべし!!(富山)

カセットコンロス 『パラボラ』 basis

 EGO-WRAPPIN'、YOUR SONG IS GOOD、高田漣、モダーン今夜、カセットコンロス……。野心的でフレッシュで楽しいサウンドを創造してくれた、この国を代表すべき最先端音楽家たちが本当にサイコーでした!(西尾)

インタビュー