こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

BOUNCIN BACK(その5)(6)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/青木 正之、秋山 尚子、粟野 竜二、池田 謙司、池田 貴洋、池谷 昌之、石田 英稔、石田 靖博、稲村 智行、大石 始、小野田 雄、加賀 龍一、北爪 啓之、鬼頭 隆生、久保 正樹、久保田 泰平、ケチャ、小高 麻子、駒井 憲嗣、佐々木 俊広、佐藤 ともえ、高橋 荒太郎、高橋 玲子、武山 英丈、立野 幸恵、出嶌 孝次、冨田 明宏、富山 陽一、西尾 大作、ビグフォン、堀内 幸江、Masso187um、ヤマダ ナオヒロ、山西 絵美

MOS DEF 『The New Danger』 Rawkus/Geffen

 コンシャス・ラップを待っていた識者どもが腰を抜かす衝撃作。自身のバンド、ブラック・ジャック・ジョンソンを率いてのソウル、ファンク、ジャズ、ブルースからヘヴィー・ロックまでを一気に呑み込んだ、やりたい放題な内容に。痛快!(Masso)

NAS 『Street's Disciple』 Ill Will/Columbia

 キャリア史上初の2枚組アルバム。ダンス・ミュージックとしての機能性を高めまくったメジャー産ヒップホップのなかにあって、無骨なほどライムとリリックにこだわったナズの作品は逆に得難い個性のように映る。オル・ダラとの共演も絶妙な傑作。(出嶌)

THE NEVILLE BROTHERS 『Walkin' In The Shadow Of Life』 Back Porch/EMI

 ニューオーリンズを象徴する、アナーキーでファンキーな4兄弟も新作をリリース。異なる嗜好を持った4人が起こす音楽的化学反応は、本作および来春公開の映画「ライトニング・イン・ア・ボトル」でも体験できるのでぜひ!(秋山)

Q AND NOT YOU 『Power』 Dischord

 ブラック・アイズ亡きあと、ディスコードの未来を一身に背負うのがこのバンド! ハードコアをルーツにしながら、ファンキーかつスリリリングな独自のサウンドで注目を集めた。USインディーの新たなムーヴメント=〈パンク+ダンス〉の最新モード。(粟野)

RICARDO VILLALOBOS 『The Au Harem D'archimede』 Perlon

 生みの親的レーベル=ミル・プラトー崩壊という逆風吹くクリック・ハウスが放った起死回生ホームラン! 天才ヴィラロボスが本気になった今作は一音一音の音色、配置、隙間までが絶妙に構成されたクリック・ハウスの特大傑作! 最高です!(石田靖)

SNOOP DOGG 『R&G (Rhythm & Gangsta) : The Masterpiece』 Doggystyle/StarTrak/Geffen

 スタトラ&ドギスタの共同作は万人受けも過去最高。舌打ちにハッとしたネプ製の中毒曲“Drop It Like It's Hot”がポップ・チャートNo.1ですから! ソウル趣味も全開で、ゲストにリル・ジョン、50セント、ネリーって凄スギ!(池田貴

東京事変 『教育』 東芝EMI

 厳戒令が敷かれた首都東京を圧倒的なバンド・サウンドが嵐の如く駆け抜ける。首謀者は椎名林檎をはじめとする5人の敏腕バンドマンたち。参加する? それとも傍観する? 差し出された赤い鶴の折り紙は秘密のメッセージ。(小野田)

TRICK DADDY 『Thug Matrimony : Married To The Streets』 Slip-N-Slide/Atlantic

 過去には異物扱いされた南部モノもその音が全米の主流となり、いまやメジャー・トレンド。が、その最中にも南部シーンは常に進化している。マイアミ産の作品がこんなにアーバンでスタイリッシュだと、聴かず嫌いは知るまい。(高橋荒)

U2 『How To Dismantle An Atomic Bomb』 Island

 楽曲盗難事件の対策にiTuneを、アルバム・プロモーションにiPodを用いるなど、最新メディアとパッケージ・ソフトの共存を優れたかたちで提示したヴェテランによる4年ぶりのアルバム。ストレートに突っ走る強靱なロックンロールは、やはり横綱の貫禄!(武山)

XZIBIT 『Weapons Of Mass Destruction』 Columbia

 完全に安心感を抱けるアーティストのひとりとなったイグジビットの最新作。過剰な装飾に頼らず、隙間のある今時のファンク・ビートから伝統ビートまでを用い、全対応型のラップで安定感を示す。安心して大興奮できる内容だ。(高橋荒)

インタビュー