こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

BOUNCIN BACK(その5)(5)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/青木 正之、秋山 尚子、粟野 竜二、池田 謙司、池田 貴洋、池谷 昌之、石田 英稔、石田 靖博、稲村 智行、大石 始、小野田 雄、加賀 龍一、北爪 啓之、鬼頭 隆生、久保 正樹、久保田 泰平、ケチャ、小高 麻子、駒井 憲嗣、佐々木 俊広、佐藤 ともえ、高橋 荒太郎、高橋 玲子、武山 英丈、立野 幸恵、出嶌 孝次、冨田 明宏、富山 陽一、西尾 大作、ビグフォン、堀内 幸江、Masso187um、ヤマダ ナオヒロ、山西 絵美

Caravan 『Trip in the music』 AARON FIELD

 フォーキーで力強いストローク、そして人間の弱さやもどかしさをなめらかに伝える声。ドノヴァン・フランケンレイターやジャック・ジョンソンが活躍した2004年、同じく潮の匂いを感じさせる逸材は、大きな波を静かに待つサーファーのようにここに佇んでいる。(駒井)

DESTINY'S CHILD 『Destiny Fulfilled』 Music World Music/Columbia

 世間の言う〈無敵〉とか〈最強〉とかのレッテルには一聴してそぐわない、永~く聴けそうなオーソドックスな内容。逆に言えばそういうR&Bの〈王道〉を堂々とやれてしまうのがNo.1グループの証? 次作は2008年みたいですよ!(池谷)

EMINEM 『Encore』 Aftermath/Interscope

 まだまだショウは終わらない。“Just Lose It”で毎度のエンターテイナーぶりを披露しつつも生粋のヒップホップ・ファンであることを随所で露見。メッセージ色も強めるなどアーティストとして、またトラックメイカーとしての成長を窺わせる傑作。 (Masso)

FABOLOUS 『Real Talk』 Desert Storm/Atlantic

 突出した仕事量をこなすプロデューサーがいる一方で、無名どころを起用して良質な作品を作ることが可能な時代。だからこそラッパーとしてのキャラの立ち方や、時流に沿った柔軟なスタイルが求められる。ファボラスこそ、その代表例だろう。(高橋荒)

GWEN STEFANI 『Love. Angel. Music. Baby.』 Interscope

 ギャル・ロック・ムーヴメントのトリを飾るように登場したノー・ダウトのグウェン嬢初となるソロ・アルバム。超豪華なゲストやプロデューサー陣を迎えて展開される多彩かつ華麗なダンスポップ絵巻は、さすが紅組代表の貫禄!(北爪)

HALCALI 『音樂ノススメ』 フォーライフ

 この破壊力は尋常ではない。参加メンツ(谷川俊太郎まで!)の多様さ・豪華さはなおのこと、何でもありの現代的感覚でチョイスされる楽曲の幅広さ。全方位仕様のアレンジをユルくも真剣に歌いこなす2人。大きくなったなぁ。(鬼頭)

JA RULE 『R.U.L.E.』 The Inc./Def Jam

 ファット・ジョー、ジェイダキスとの“New York”でストリートの信頼を完全に取り戻したジャ・ルール。そんな熱い拳を繰り出す一方で、R・ケリーやアシャンティ、ロイドらとのギャル・チューンも満載。ジ・インクの復調は2004年の大きな収穫でした。(出嶌)

JOEY BELTRAM 『The Rising Sun』 Tresor

 かつてNY硬派ミニマルの生き神として多大なリスペクトを受けていたベルトラムがトレゾー復帰! ここ最近のディスコ・ミニマル路線を受けつつも、圧力感全開のリズムと軽いアシッド感覚、絶妙なフィルターの抜き差しで盛り上げる男のミニマル!(石田靖)

KINGS OF LEON 『A-ha Shake Heartbreak』 RCA

〈ガレージ・サザン・ロック〉ともいうべきデビュー・アルバムのいぶし銀的な要素を薄め、メンバーのバックボーンにある豊富な音楽性を開陳した快作! タダのヒゲ・ロックだなんて絶対に言わせない説得力があり、実に頼もしい!(北爪)

L.L BROTHERS 『BACK AGAIN』 ソニー

 リル・ジョンばりに気合を入れるクランキンなイントロから、〈cRunk&B〉を余裕で咀嚼したクラブ・チューン、絶品のスロウなどなどがひしめく。圧倒的なヴォーカルのパワーと旬なサウンドが纏った独特の華やぎ……〈日本のR&B〉である以前に、極上の〈R&B〉作品だ。(出嶌)

モダーン今夜 『青空とマント』 MOTEL BLEU

 2004年、もっとも輝いていた大所帯バンドのひとつ。ヴォーカル・永山マキの人間の不器用さにしっかりと向きあう歌が、オーケストラルな11人の演奏と閃きに満ちたアレンジにより、とてもパーソナルに、そして広がりを持って伝えられた。(駒井)

インタビュー